Mac向けユーティリティソフト「MacKeeper」、1300万人分のユーザー情報流出か

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-16 10:41

 マルウェア対策ソフトをMacユーザーにアグレッシブにマーケティングするMacKeeperから1300万人分の顧客情報が流出した可能性がある。

 アカウント情報の流出を報告したのはセキュリティ研究者のChris Vickery氏だ。Vickery氏は、MacKeeperを所有するドイツのKromtechに報告した。同氏は米国時間12月13日、Redditにも詳細を開示した。

 Vickery氏(FoundTheStuffというハンドルネームを利用している)によると、なんらかの脆弱性を利用することなく、Kromtechのサーバから1300万人分のアカウント情報をダウンロードできたとのことだ。

 つまり、MacKeeperのアカウント情報はWeb上で公にアクセスできる状態にあったということになる。これにあたって、インターネットに接続するあらゆるデバイスをスキャンできる検索エンジン「Shodan.io」を利用したとVickery氏は報告している。

 27017ポート上を「ランダムに」検索していたところ、Vickery氏は安全ではない「MangoDB」インスタンスに出くわした。Vickery氏が投稿したスクリーンショットでは、データベースに「users」と分類された21.2Gバイトのファイルが含まれていることがわかる。

 これを受けてKromtechは声明を発表し、この問題に対応したとしている。さらに、顧客の課金情報とクレジットカード情報はサードパーティーが保持し、処理しているため、今回のリークには含まれていなかったと述べている。

 それでもKromtechは、Web管理ページ用のユーザー名やパスワードハッシュなどの顧客情報を保持しているとしている。このほか、ユーザーの名前、注文した製品、ライセンス情報、IPアドレスなども対象となっている。

 Kromtechが分析したところ、情報にアクセスしたのはVickery氏のみであり、Vickery氏はこのデータを不適切に共有していないと同社は述べている。

MacKeeperから1300万人分の顧客情報が流出した可能性がある。
提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]