編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テープからフロッピーまで--1950~1980年代の記憶装置を写真で振り返る - 29/29

Evan Koblentz (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-12-27 07:00

 データストレージというと、現在ではメモリカードやSSD、おなじみのハードディスク、高速テープライブラリといったものを思い浮かべるはずだ。しかし本記事では1950〜1980年代にタイムトリップし、当時のデータストレージを振り返ってみることにしたい。なお、本記事で紹介しているデータストレージは、ニュージャージー州ウォールにあるInformation Age Learning Center(InfoAge)で展示されている。

「UNIVAC 1540」テープ装置

 1960年代中頃のテープ装置「UNIVAC 1540」は、重量が約1000ポンド(約450kg)であり、7トラックを備えた容量7メガバイトのテープ装置を2基搭載していた。これは米海軍の戦艦への搭載を前提としたメインフレーム「1219-B」向けの周辺機器だ。

「UNIVAC 1540」テープ装置

 1960年代中頃のテープ装置「UNIVAC 1540」は、重量が約1000ポンド(約450kg)であり、7トラックを備えた容量7メガバイトのテープ装置を2基搭載していた。これは米海軍の戦艦への搭載を前提としたメインフレーム「1219-B」向けの周辺機器だ。

提供:Evan Koblentz/TechRepublic

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]