オラクル、四半期決算を発表--SaaSとPaaSの売り上げが拡大

Rachel King (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-17 11:09

 Oracleが米国時間12月16日、2016会計年度第2四半期決算を発表した。

 声明によると、純利益は22億ドル(1株当たり51セント)だった。

 非GAAPベース利益は1株当たり63セント、売上高は90億ドルだった。金融アナリストらは売上高を90億6000万ドル、1株当たり利益を60セントと予想していた。今回の決算発表でも、Oracleはドル高の影響に言及している。

 もっとも、最高経営責任者(CEO)のSafra Catz氏は、クラウド部門の販売が伸び、Software-as-a-Service(SaaS)とPlatform-as-a-Service(PaaS)の売上高が2桁成長を遂げたとして、業績への満足感を示している。

 SaaSとPaaSの売上高はあわせて前年同期比34%増の4億8400万ドル、クラウドの総売上高は前年同期比26%増の6億4900万ドルだった。

 会長のLarry Ellison氏は、会計年度2016年のうちにSaaSとPaaSで15億ドルの売り上げを新たに獲得するとしている。「Salesforceを含め、他のどのクラウドサービスプロバイダーよりもかなり大きな売り上げだ」(Ellison氏)

 またOracleは同日、IntelのプレジデントだったRenée James氏を取締役に選任したと発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]