より賢く活用するためのOSS最新動向

ここでも「火花」がブレイク--2015年のOSS動向総括 - (page 3)

吉田行男

2015-12-25 09:43

(3)OSSに積極的なMicrosoft


 近年、米Microsoftは、オープンソースへの傾斜が顕著になってきています。前CEOが「Linuxは癌だ」と発言していた会社が大きく様変わりしていて、現CEOのSatya Nadella氏は、「Microsoft Loves Linux」と発言しています。

 今年2月には、.NETのエンジンである「CoreCLR」をオープンソース化しました。「CoreCLR」は、「.NET Framework」のフォーク版である「.NET Core」の実行エンジンです。.NET Coreは「Windows」のモバイル、デスクトップ、サーバ環境向けのアプリケーション開発を簡素化する目的で、2014年秋にオープンソースとなっています。今後「.NET Core」はクロスプラットフォームをめざしており、.NETのオープンソースの取り組みと同様に、数カ月以内にLinuxとMacの実装を加える計画のようです。

 7月には、OpenBSD Foundationの「ゴールドコントリビュータ」として同組織を支援することを発表しました。OpenBSD Foundationは、同名称のBSD系ディストリビューションを開発する非営利団体で、SSHプロトコルと互換性のあるオープンなSSH実装であるOpenSSHの開発も同団体の下で進めています。Microsoftは6月にPowerShellでのOpenSSHなどSSHのサポートを計画していることを明らかにしており、「今回の寄付は、OpenBSD FoundationがOpenSSHプロジェクトを支援していることへの認識の下で行われた」とOpenBSD Foundationは説明しています。

 また11月には、「Visual Studio Code」のオープンソース化が発表されました。Visual Studio Codeは、Windows、Mac OS、Linuxで動作する軽量のコードエディタで、これに併せて、同製品のベータ版がリリースされています。このベータ版は4月28日にリリースされた初期プレビュー版から大幅に更新されており、拡張機能と「Visual Studio Marketplace」のサポートが追加されています。また、「Visual Studio Marketplace」では早くも60個を超える拡張機能が公開されています。

 同じく11月には、Red Hatとクラウドサービスに関して連携するという衝撃的なニュースを発表しました。マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」で、Linux動作環境の優先的選択肢として「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」を提供し、プライベートクラウドとパブリッククラウドにまたがって、Red Hatが提供するソフトウエアを利用したアプリケーションの構築、配置、管理などを行うためのツールも提供するようです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]