編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セールスフォース、見積もり・請求管理サービスの新興企業SteelBrickを買収へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-24 11:01

 Salesforce.comが見積もり・請求管理サービスソフトウェアを手掛ける新興企業SteelBrickを買収する。Salesforceはこれまでも、ベンチャー投資部門を介してSteelBrickを支援してきた。

 SteelBrickの最高経営責任者(CEO)Godard Abel氏が米国時間12月23日、声明で買収に合意したことを認めた。

 Salesforceが米証券取引委員会(SEC)に提出した書類によると、買収金額はおよそ3億6000万ドル。手続きはSalesforceの会計年度第1四半期が完了する2016年4月30日までに終わる予定。

 Salesforce Venturesは2月、Shasta Venturesが幹事会社を務める1800万ドルのSeries B投資ラウンドに、従来からの投資会社であるEmergence Capitalとともに参加した。

 SteelBrickはクラウドやモバイルをベースに見積もりやオーダーを作成するプログラムを手掛け、Cloudera、Nimble Storage、 Nutanix、HootSuiteなどおよそ200社に利用されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]