「Google Chrome」、SHA-1証明書のサポートを2016年から段階的に終了へ

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年12月24日 11時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleはウェブサイトの暗号化に用いられるアルゴリズム「SHA-1」にセキュリティ上の懸念があるとして、同社ウェブブラウザ「Chrome」でのSHA-1のサポートを2016年から段階的に終了する計画を発表した。

 このサポート終了は、大きく2段階に分けて実施される。まず、2016年初頭にリリース予定のChrome 48より、特定のSHA-1証明書(2016年1月1日以降に発行され、パブリック認証局にリンクされた証明書)を使用するウェブサイト上で、セキュリティに関するエラーメッセージが表示されるようになる。その後、遅くとも2017年1月1日までにChromeでのSHA-1のサポートが完全に終了し、以後は同証明書を使用するウェブサイトは、致命的なネットワークエラーを引き起こすことになる。Googleでは、現在進められている研究の結果次第で、SHA-1サポート終了の期限を2016年7月1日に前倒しすることを検討中だとしている。

 今回の計画により、GoogleはMicrosoftやMozillaと歩調を合わせることになる。最近、セキュリティに関する研究を協同で進めているオランダの国立情報工学・数学研究所(CWI)、フランスの国立情報学自動制御研究所(INRIA)、およびシンガポールの南洋理工大学(NTU)より、「SHA-1の暗号解読コストは従来の想定よりもはるかに低い」という憂慮すべき報告が上げられた。GoogleはSHA-1サポート終了を前倒しした理由として、これを挙げている。

 SHA-1は、ウェブサイトを暗号化するためのハッシュアルゴリズムだ。SHA-1のハッシュ長は160ビットだが、すでに多様なハッシュ長を実装したSHA-2や、さらに改良されたSHA-3などの新標準が登場している。現在、SHA-1はクレジットカードやネットバンキングなど多くの重要なトランザクションで利用されているが、前述の研究報告のとおりSHA-1の暗号解読コストが低いのであれば、SHA-1を標的としたサイバー攻撃が多発し、偽造証明書が大量に出回るのは時間の問題だということになる。

 なお、GoogleはSHA-1のサポート終了以外にもセキュリティに関する幾つかの大規模な方針転換を計画中だ。たとえば、TLS接続用のRC4暗号スイートもセキュリティ強度が低いとして、Chrome 48でサポートが終了される予定となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算