編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

FinTechの今 グローバルから見た日本 - (page 3)

村上隆文(アクセンチュア戦略コンサルティング本部)

2016-01-01 00:00

FinTechエコシステムを支える5つの柱

 では、このグローバルの先進FinTech市場と、日本の相違点は何が要因なのであろうか。これを理解するには、FinTechエコシステムと呼ぶ、FinTech市場を形成する利害関係者による共生、相互受益関係を理解する必要がある。

 先進FinTech市場である米国や英国では、起業家、投資家をはじめとする以下に挙げる5つのプレーヤーが、それぞれの役割を担うことで相乗効果を生んでいる。結果として、金融イノベーションとFinTech投資が両輪として推進されてきた。それが意図的なものか、市場での自然発生的なものかは別として、これらのプレーヤーがそれぞれの役割を発揮している。

  1. 起業家・・・FinTechスタートアップの起業等を通じた起爆剤
  2. 投資家・・・投資・資金提供による市場形成・起業のサポート
  3. 金融機関・・・FinTechに対する実需の提供(内部への取り込み(Exit手段)や、実ニーズの提供を通じたスタートアップの育成)
  4. 監督機関・行政・・・規制緩和、税制優遇等による産業育成のサポート
  5. アクセラレータ・・・スタートアップ育成の場の提供

 その一方で、日本においては、FinTech関連事業の担い手である起業家、そして資金の出し手である投資家などはそろいつつあるものの、その他の要素である金融機関、監督機関・行政、およびアクセラレータの存在が、相対的にみて依然として黎明期と言わざるを得ない。

 しかしながら現在、これらのプレーヤーがその重要性に気づき、アクションを明確にとり始めている。特に、金融機関からの実需が徐々に顕在化するにつれ、現在、市場では新技術やスタートアップに対する真剣な議論が起きている。今後、実需として日本のFinTech市場を底上げしながら、その果実を分かち合う関係が形成されていくことが重要である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]