編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
米ZDNet編集長Larryの独り言

黒子に徹して実を取る--マイクロソフトの自動車市場戦略

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-01-12 06:15

 Microsoftは、自動運転車が普及した暁には、ユーザーが自動車の中で「Office 365」を使ったり、電子メールに返信したり、ミーティングをスケジュールしたり、「PowerPoint」でプレゼンテーションを作成したりといった作業をするようになることを望んでいる。同社が目指しているのは、これらの車内での作業を、Microsoftのクラウドプラットフォーム「Azure」が裏側から支えるという仕組みだ。

 この記事では、Microsoftの自動車市場戦略について紹介する。この戦略は、同社がモバイル市場やクラウド市場で展開する、マルチプラットフォームのアプリを中心としたアプローチとも符合するものになっている。

男性が、左腕に装着したブレスレット型ウェアラブルデバイスに話しかけている様子。
Microsoftは、自社のデバイスとサービスを自動車と結び付けようとしている。
提供:Microsoft

 CES 2016でMicrosoftが行ったデモや発表は、同社の戦略的な取り組みを示している。Microsoftの自動車業界関連のパートナーシップでもっとも有名なのは、Fordと進めていた、いわゆるインフォテインメントを中心に展開されている「SYNC」プラットフォームだろう。SYNCは今では、Blackberryの「QNX」に取って代わられた。Appleには「CarPlay」があり、Googleは自動車でもAndroidを使っている。一般に自動車産業では、燃費や信頼性、デザインなどと同じくらい、車内での体験が重視されるようになるだろうと考えられている。また、Googleは自動運転車をテストしているところであり、Appleには車の販売を検討しているというわさがある。

 自動車業界でソフトウェアの重要性が高まっている中、Microsoftはそこにチャンスを見いだしている。Microsoftの戦略の特徴は、必ずしも自動車の主要なOSの座を巡る乱戦に勝ち残ろうとしているわけではなく、車のドライビング体験を支え、強化することを重視しているということだ。つまり、Microsoftはエンタープライズ業界の企業としての強みを生かした戦いをしていると言える。もう1つのポイントは、Microsoftが自動車業界に対して中立的な立場を取っていることだろう。

 Microsoftの事業開発担当エグゼクティブバイスプレジデントのPeggy Johnson氏は、あるインタビューの中で、同社は自動車業界での取り組みを拡大していると述べている。「Microsoftはクラウドを重視している。当社は自動車業界に何年も関わっており、クラウドの力を利用できるよう、取り組みを広げた。顧客がどこにいても、クラウドを利用できるようにしたい。われわれが取り組みを拡大させていることは、他の企業の戦略とは異なっている」と同氏は言う。

 さらにJohnson氏は、Microsoftの自動車業界での役割は、むしろクラウド技術を通じて、技術の実現を助けることだと付け加えた。また同社は顧客データに関心がないため、自動車メーカーのよいパートナーになり得る。「当社の進めている取り組みを自動車業界に重ね合わせれば、みなデジタル空間への移行を課題としている。重要なのはユーザーと、ユーザーがどこにいても情報にアクセスできることだ。Microsoftは、その答えはクラウドへの接続にあると考えている」とJohnson氏は述べている。「Microsoftは顧客データを求めない。われわれの役目は技術を実現することだ。当社は、ユーザーに煩わしい思いをさせずに、自動車をネットワークの世界につなげることができる」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]