編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

Androidバージョン別シェア--「Android 6.0」は1%未満

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-07 10:42

 2016年、「Android 6.0 Marshmallow」は厳しい門出を迎えたようだ。

 Googleは2015年10月に「Nexus 5X」と「Nexus 6P」の出荷を開始したが、Marshmallowのシェアが伸び悩んでいる状況を見ると、これらスマートフォンの売れ行きが芳しくないのは明らかだ。


 Androidのバージョン別シェアに関するGoogleの情報によると、2016年1月4日までの7日間でMarshmallowのシェアは0.7%にしかなっていない。しかも、4年以上にわたってアップデートされていない「Android 2.3 Gingerbread」のシェアと比べても4倍以上の差が開いている。

 Marshmallowのシェアが12月初めと比べて0.2ポイントしか上昇していない点を考えると、新型の「Nexus」スマートフォンがこのホリデーシーズンで爆発的に売り上げを伸ばしたわけではないのは明らかだ。

 一方、このホリデーシーズンにおける「Android 5.0/5.1 Lollipop」のシェアは3.2ポイント上昇した。残るすべてのバージョンのシェアは低下、または横ばいとなった。今後の数カ月でLollipopのシェアは「Android 4.4 KitKat」を抜き去って、トップに躍り出そうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]