編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

日産、テレマティクスシステムのプラットフォームを「Microsoft Azure」へ移行

羽野三千世 (編集部)

2016-01-07 11:59

 日産自動車と米Microsoftは米国時間1月5日、ラスベガスで開催中の家電・エレクトロニクスの総合展示会「CES 2016」で、電気自動車「日産リーフ」の全グレード、およびに「日産インフィニティ」の欧州モデルに搭載されているテレマティクスシステムのプラットフォームに「Microsoft Azure」を採用すると発表した。

 日産リーフに搭載されているEV専用テレマティクスシステムでは、スマートフォンアプリからの遠隔操作で、車を充電することや、車のエアコンの電源を入れることなどが可能。そのほかにも、音声認識機能を使ってハンズフリーでメールを送受信する機能、充電スポットを探す機能、目的地到着時のバッテリー残量を予測する機能など、多彩なメニューを備える。

 従来、同テレマティクスシステムは日産自動車の自社データセンターで運用されていたが、今後はAzureと自社データセンターのハイブリッドクラウド環境で運用していく。クラウドプラットフォームを利用することで、車からさまざまな外部情報へアクセスする際の接続性を高めたい狙いがある。

 Azureを採用した理由として、日産自動車は、クラウドセキュリティ規格の「ISO27018」に準拠していること、さまざまなOSや開発言語をサポートしていること、グローバルにデータセンターを展開している点を挙げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]