編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

アイレット、AWSとユーザー拠点を専用線で直接接続するプランを開始

NO BUDGET

2016-01-14 07:30

 アイレットは1月13日、同社が運営するアマゾン ウェブ サービス(AWS)の導入サービス「cloudpack」で、AWSとユーザー拠点などにプライベートな接続を確立できるサービス「AWS Direct Connect」とユーザーが利用する専用線(IP-VPNや広域イーサネット)を利用し、AWSの東京リージョンとユーザー拠点を専用線で直接接続するプランを開始すると発表した。

 初期費用は無料で、月額費用は「1Gbps共有100Mbpsシングルプラン」が税別価格12万円から、「1Gbps共有100Mbps冗長プラン」が税別価格16万円から、「1Gbps専有シングルプラン」が税別価格17万円から、「1Gbps専有冗長プラン」が税別価格29万円から。

 cloudpackでは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを提供している。

 2012年4月からは、NTT東日本およびNTT西日本が提供するブロードバンドサービス「フレッツ光」と「フレッツ・VPNワイド」を利用した「専用接続プラン with 光」を提供してきた。

 これに対し、今回提供を開始する専用接続プランでは、エクイニクス・ジャパンのデータセンターまで接続する回線事業者を限定せず、さまざまな専用線で使用することが可能になる。

 このサービスでは、AWS Direct Connectの東京リージョン接続拠点であるエクイニクス・ジャパンの東京ロケーション、または大阪ロケーションのデータセンター内のラック1Gbpsポートを共有することで、専用線接続の低価格化を実現した。なお、AWSとユーザーの専用線をつなぐラック内に設置するルータ機器を新たに用意する必要があるほか、専有プランでは構成によりL2/L3スイッチやメディアコンバータが別途必要となる場合がある。


(アイレット提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]