編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイナンバー管理サービスとVPN接続--NTTグループ2社が提供

NO BUDGET

2016-01-15 07:30

 NTTコミュニケーションズとNTTコムウェアは1月14日、マイナンバー管理のクラウドサービスと顧客企業を仮想私設網(VPN)で接続するサービス「マイナンバー管理ソリューションサービス over VPN」を提供開始すると発表した。初期費用は1社あたり5万円、月額料金は従業員100人までのプランで1万円(いずれも税別)から。

 NTTコムウェアのクラウドサービス「マイナンバー管理ソリューション」と顧客企業をNTT ComのVPNサービス「Arcstar Universal One」で接続する。マイナンバーや関連帳票などのデータを安全にアップロードしたり、ダウンロードしたりできる。

マイナンバー管理ソリューションサービス over VPNのサービス図
マイナンバー管理ソリューションサービス over VPNのサービス図

 従業員のマイナンバーの登録や保管、法令などで定められた保存期間を過ぎたデータの自動廃棄が可能なほか、既に運用している人事給与システムから出力したCSVデータをアップロードするだけで、クラウド上に保管されているマイナンバーと突合し、マイナンバー対応帳票(CSV、PDF)を自動生成できる。

 クラウドサービスとして提供するため、従業員の増減や制度適用範囲の変更があった場合に、ユーザー企業側でのシステム改修などは不要である。利用にあたってはArcstar Universal Oneの契約が別途必要になる。Arcstar Universal Oneの導入企業はサービス料金のみで利用可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]