編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

NEC、「仮想化簡易導入ソリューション」を販売開始

NO BUDGET

2016-01-15 18:48

 NECは、仮想化基盤の導入を検討しているユーザー向けに「仮想化簡易導入ソリューション」を1月15日から発売する。このソリューションは、IAサーバ「Express5800/R120f-1M」とユニファイドストレージ「iStorage M110」、仮想化環境ソフトウェア「VMware vSphere 6」、構築支援サービスをセットにしたもの。

 構築支援サービスでは事前の動作検証・評価も行う。また「VMware vSphere 6」の仮想ボリューム機能「Virtual Volumes」により、従来の論理ディスク単位から仮想マシン単位でストレージ機能を利用可能にする。


仮想ボリューム機能「VVOL」の利用イメージ(NEC提供)

 NECでは、サーバやストレージの仮想化を進める上で、ノウハウやシステム運用管理者不足の企業は、仮想化導入に多大な時間がかかるといった課題があるとしている。「仮想化簡易導入ソリューション」は、この課題の解決を図り、検証・評価を行った製品と構築支援サービスを合わせて提供することで、簡単かつ短期間で仮想化基盤の導入ができるとしている。

 同ソリューションの価格は、Express5800/R120f-1M(仮想マシン数3台)、iStorage M110、VMware vSphere 6、構築支援サービスのセットで税別999万8000円。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]