NTTデータ、ICU向け医療データ分析システムの開発に向けた実証実験を開始

ZDNet Staff 2016年01月18日 14時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータと、NTTデータのスペイン子会社であるeveris(エヴェリス)グループは1月15日、スペインの医療機関と連携し、集中治療室(ICU)向けの医療データ分析システムの開発に向けた実証実験を1月27日に開始すると発表した。

 ICUでは、重度の病気や外傷の患者を対象に、高度な医療機器を用いて常時患者の容態をモニタリングしながら医療行為が成される。しかし、これらの医療機器から得られるデータは膨大であり、医師や看護師がすべてを把握してデータを解釈するには多くの時間を要していた。

 NTTデータとエヴェリスが開発を目指すシステムは、ICUで用いられている各種医療機器から得られるデータを1つのプラットフォームに集約して提示するもの。さらに、各種データを分析して症状推移を予測し、医師の迅速な意思決定をサポートする。2015年3月から医療機関と共同研究を続けており、今回、プロトタイプが完成したことから、実際の医療現場での実証実験を行うことになった。

 実証実験は、1月27日から3月31日までの期間、スペイン・セビリアのヴァーゲン・デル・ロシオ大学セビリア病院(Virgen del Rocio University Hospital in Seville)において、以下の内容について検証を行う。

  1. 医師への治療手順伝達手法の検証
    実際のICUで医師が的確な判断が行えるように、治療手順やその根拠になる情報をわかりやすく医師や看護師に伝達する手法を、実際の医療現場において検証する
  2. データ収集プラットフォームの性能検証
    ICUで使用されている医療機器からの各種データを一元的に収集するためのプラットフォームの性能要件について検証する
  3. 患者の症状推移の予測技術開発
    実際にICUで行われてきた治療行為の記録と、各種機器から取得した患者の容態を示すデータの相関性を分析し、機械学習技術を用いて患者の症状推移を予測する技術について研究開発する

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算