編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

電気自動車の"グランプリレース”で活躍--HPEが仕掛けた高速データ分析環境 - (page 2)

末岡洋子

2016-02-27 08:00

大都市開催の理由

 都市の大気汚染の削減が期待される最新のEV技術を披露するという目的の下、Formula Eは北京、ロサンゼルス、ロンドンといった大都市で開催される。大都市であるため、道路遮断など準備に時間を割くことは許されない。Tai氏によると、準備、プラクティスセッションは1日で実施するとのこと。「午前中の2回のプラクティスセッションの間に分析データを迅速に得る必要がある」とTai氏。

 技術的には「脳中枢」と表現するHPEのサーバ「Moonshot」、さらに「3PAR」「Aruba」といったネットワーク技術などで構成するハードウェアを導入する。クラウドを利用するハイブリッド環境を構築し、ワークロードをクラウドに実装することも考えている。

 バックアップは「StoreOne」だ。重要なのは、分析機能「Autonomy」と「Vertica」だ。このような技術環境により、トラックサイドで、レース中とレース後のバッテリ、バッテリ再生、温度、位置、ブレーキ、スロットル、レースのテレメーターなどのビックデータの高速な分析を実現している。

 レースエンジニアのトップをはじめ、データエンジニア、パフォーマンス最適化などの専門家らは「Race Command」というダッシュボードを利用して、Autonomyがはじき出すデータにアクセスする。Tai氏によるとAutonomyがストリーミングするデータは、ほかのチームでは得られないような価値あるデータなのだという。

 Virgin Racingは今シリーズ、HPEの支援を受けて新しい挑戦を試みた。Tai氏は「それまではレーシングカーからデータを取得して全チームがデータを共有していたが、今回大量の動画分析、音声分析などを高速に実施し、重要な情報をすべてレースエンジニアやチームに提供、ドライバーに高速に伝えられるようになった」と話した。「レース当日の慌ただしさを考慮すると、こんなことは不可能だと思っていた」と続ける。結果は出ており、直近のレースでは2位の成績だ。「技術はあきらかに勝利につながっている」と満足顔だ。

 今後のロードマップについては、変化が激しくFIAの方針変更も頻繁にあるので「明日の課題が分からない中、明日の問題にすぐに反応できるようになる体制」が重要という。「将来の展望として、自分がすべきことは、すぐに変化を受け入れられる柔軟性、そして変化とともにわれわれも加速すること」と述べた。

 実際、FIAは少し前に自動運転カーによるサポートレースの開催を発表したばかりだ。HPEを技術パートナーとすることで「さまざまな知的技術ソリューションを集めて、将来の選択肢を検証できる」とTai氏は述べた。

 なお、分析はファンベースの分析にも活用する。ファンエンゲージメントと呼ばれる分野だが、これについては「まだまだ氷山の一角が見えたにすぎない」と述べ、今後の活用に期待を寄せた。


HPE Discoverイベント会場に展示されたDS Virgin Racingのレーシングカー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]