編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ポケットサイズのLinuxウェブサーバ「Ocean」--携帯電話の充電にも利用可能

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-19 10:27

 Linuxを搭載した、ポケットに収まるサイズの携帯型ウェブサーバがあればいいなと思ったことはないだろうか?そんな人にぴったりの製品が「Ocean」だ。

 Oceanはポータビリティを念頭に置いて設計された製品であり、バッテリを内蔵しているため、商用電源を確保できない場所でもウェブサーバを運用したり、Bluetoothを用いたアプリケーションを実行できるようになる。

 Oceanのサイズは「iPhone 6」とほぼ同じであり、ポケットにもすんなり収まる。

 また、Linux OSを搭載しているため(デフォルトはDebianだが、好きなディストリビューションをインストールすることも可能)、以下のようなさまざまな用途に使うことができる。

  • Node.jsやRuby on Rails(RoR)といったフレームワークを用いたウェブアプリケーションの構築や配備
  • カスタマイズされたルータの構築
  • IoTハブ
  • 「iBeacon」や「Eddystone」といったビーコンのプロトタイピング

 さらにOceanは、「iPhone」や「Android」搭載機器向けの携帯型バッテリパックとしても利用可能であり、iPhone 6を1.33回充電できるだけの容量を備えている。

 Oceanの技術仕様は以下の通りだ。

  • プロセッサ:1GHzデュアルコア「ARM Cortex-A7」
  • RAM:1GバイトDDR3(480MHz)
  • ストレージ:16Gバイト内蔵microSDカード
  • その他ストレージ:4Gバイト内蔵フラッシュメモリ
  • USB:USB 2.0/3.0ポート×1
  • 無線接続:802.11 b/g/n Wi-FiおよびBluetooth 4.0+EDR/LE
  • 充電方法:Mini USBおよびワイヤレス充電規格「Qi」に対応
  • 内蔵バッテリ:4200mAh(最長2日間の連続CPU稼働が可能)
  • OS:Debian 8.1(Jessie)搭載(カーネルバージョン3.4.105+)

 上記仕様の製品は2月に出荷が予定されており、その価格は149ドルとなっている。また、より高機能の製品も4月に投入される予定だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]