編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

IBM、第4四半期決算を発表--アナリスト予想上回る

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2016-01-20 11:32

 IBMは米国時間1月19日、予想をわずかに上回る第4四半期決算(12月31日締め)を報告し、苦難の2015年を締めくくった。

 売上高は前年同期比9%減の221億ドル、利益は45億ドル(1株あたり4.59ドル)となった。非GAAPベースの利益は1株あたり4.84ドルだった。

 ウォール街の予想では、第4四半期の売上高が220億4000万ドル、1株あたりの利益が4.81ドルとなっていた。

 2015年通期の売上高は817億ドル、利益が131億ドル(1株あたり13.60ドル)だった。

 IBMが乗り切ろうと苦労しているさまざまな問題の中には、米ドル高も含まれる。米ドル高は、国際部門を擁する企業の利益を悪化させている。さらに、IBMはクラウドに移行するさなかで、ハードウェア、ソフトウェア、サービスの売上減速に直面している。

 IBMはクラウドとアナリティクスで勢いを見せているが、他の分野の減少を埋め合わせるほど成長が力強いわけではない。同社によると、クラウドの年間売上総額は102億ドルだったが、サービスとしてのクラウドの売上高は45億ドルだったという。IBMは、サービスとして提供するクラウドのランレートが53億ドルになると述べた。アナリティクスの売上高は前年比で7%増加した。

 IBMの最高経営責任者(CEO)を務めるGinni Rometty氏は、売上高の35%をクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティから上げていると述べた。

売上高の35%をクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティから上げているとRometty氏は述べた

 アナリストらは、決算発表の前からIBMの第4四半期に大きな期待をかけていたわけではない。Credit SuisseのアナリストであるKulbinder Garcha氏は次のように述べた。「われわれは、ここから先、数年がかりで痛みを伴う経営再建が行われると予測しているが、これは長引く業績不振につながる。(中略)われわれは、IBMの事業(ハードウェア、OS、サービス)の大部分が、事業の40%超を占めるクラウド部門の影響を受けつつあると確信している」


 IBMのテクノロジサービスの売上高は前年比で7%減少し、ビジネスサービスは10%減少した。ソフトウェアの売上高は11%減、ハードウェアは1%減だった。

IBM第4四半期決算
IBM第4四半期決算

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]