編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ダメなパスワード、2015年版ランキングが公開--スターウォーズ用語も

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-21 11:53

 2015年にインターネット上で最もよく使われていたパスワードのトップは「123456」だった。このパスワードを使っているユーザーの多さを考えた場合、悲しいことにこれは驚くべきニュースとは言えないのかもしれない。

 2位と3位はそれぞれ「password」と「12345678」だった。これを見る限り、人はもはや考えることを放棄しているようだ。

ダメなパスワード
※クリックすると拡大画像が見られます

 セキュリティ関連製品を開発する企業SplashDataは、2015年に流出した200万件を超えるパスワードのうち、最もよく使われていたものを分析した。その結果、明らかになった傾向の1つは、パスワードを長くすれば安全になるわけではないということだ。同社が発表した2015年のランキングにも、そういったパスワードが複数含まれている。

 傾向の詳細をつかむには、前年にランクインしている一部のパスワードの順位がどれだけ上がっているのかを見るのが一番だろう。

 2015年にランクインしているパスワードの多くは、前年のランキングにも登場しており、そのなかでも「football」や「master」といった辞書に載っている単語や「qwerty」は順位を上げている。

 また、2015年に新たにランクインしたダメなパスワードには「welcome」や「login」といったものがある。

 しかし、パスワードの選択がいかにポップカルチャーやモダンカルチャーによって左右されるのかという実態も明らかになっている。「スターウォーズ」シリーズの最新作が公開される運びとなったことで、新たに「princess」や「solo」「starwars」がランクインしていることは驚くに値しないだろう。

 もしスターウォーズ関係のパスワードを使いたいのであれば、「M@y tH3 f0Rc£ B€ w1tH y0U」(編集部注:同映画の名言「May the force be with you(フォースと共にあれ、の意)」をハッカー語で表記したもの)のような、もっと複雑なものにしておく方がよいだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]