ダメなパスワード、2015年版ランキングが公開--スターウォーズ用語も

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-21 11:53

 2015年にインターネット上で最もよく使われていたパスワードのトップは「123456」だった。このパスワードを使っているユーザーの多さを考えた場合、悲しいことにこれは驚くべきニュースとは言えないのかもしれない。

 2位と3位はそれぞれ「password」と「12345678」だった。これを見る限り、人はもはや考えることを放棄しているようだ。

ダメなパスワード
※クリックすると拡大画像が見られます

 セキュリティ関連製品を開発する企業SplashDataは、2015年に流出した200万件を超えるパスワードのうち、最もよく使われていたものを分析した。その結果、明らかになった傾向の1つは、パスワードを長くすれば安全になるわけではないということだ。同社が発表した2015年のランキングにも、そういったパスワードが複数含まれている。

 傾向の詳細をつかむには、前年にランクインしている一部のパスワードの順位がどれだけ上がっているのかを見るのが一番だろう。

 2015年にランクインしているパスワードの多くは、前年のランキングにも登場しており、そのなかでも「football」や「master」といった辞書に載っている単語や「qwerty」は順位を上げている。

 また、2015年に新たにランクインしたダメなパスワードには「welcome」や「login」といったものがある。

 しかし、パスワードの選択がいかにポップカルチャーやモダンカルチャーによって左右されるのかという実態も明らかになっている。「スターウォーズ」シリーズの最新作が公開される運びとなったことで、新たに「princess」や「solo」「starwars」がランクインしていることは驚くに値しないだろう。

 もしスターウォーズ関係のパスワードを使いたいのであれば、「M@y tH3 f0Rc£ B€ w1tH y0U」(編集部注:同映画の名言「May the force be with you(フォースと共にあれ、の意)」をハッカー語で表記したもの)のような、もっと複雑なものにしておく方がよいだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]