編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

スマートハウスの技術・商品動向の知識を認定、「スマートマスター」資格制度新設

ZDNet Japan Staff

2016-01-25 17:43


「スマートマスター」認定証

 一般社団法人 家電製品協会は1月22日、「スマートハウス」の普及に向けて人材を育成するための資格制度「スマートマスター」を新設した。スマートハウスの家の構造・性能に関する知識、家電製品、住宅設備、エネルギーマネジメントまでの技術・商品の動向を理解し、横断的な知識を持って個々の消費者のニーズに合ったスマートハウスの構築を支援する資格という位置付けだ。

 スマートマスターの知識要件は以下の通り。

  1. スマートハウスの基礎知識
    エネルギー問題、家のインテリジェント化、HEMS、スマートメーター、リフォーム・住宅設備、省エネ住宅・エコ住宅、関連法規など
  2. IoT機器(家電製品)の基礎知識
    インテリジェント化する家電製品、新たなサービスを生むNeo家電、関連法規など

 上記2要件について、それぞれ「スマートハウスの基礎」「家電製品」の2科目の試験を実施し、スマートマスターを認定する。受験資格は特にない。9月に第1回の試験を実施し、以降年2回(9月・3月)に実施する。受験料は2科目受験の場合9230円、1科目受験の場合は6180円。資格の有効期限は資格交付日から5年間(資格更新制度あり)。

 試験のための学習テキスト『スマートマスター インテリジェント化する家と家電のスペシャリスト』(NHK出版)は1月26日に、全国書店で発売する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]