編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IT部門とマーケティング部門の密接な連携が必要--ガートナー調査

NO BUDGET

2016-01-26 07:15

 ガートナー ジャパンは1月25日、日本国内における最高マーケティング責任者(CMO)に関する調査結果とIT投資をめぐる組織への影響についての見解を発表した。日本企業においてCMOもしくはそれに相当する役員を社内に有する企業の割合は2015年11月時点で39.9%となり、2014年調査の29.8%から増加した。

 この結果は、デジタルマーケティングに代表されるように、デジタルの勢いが国内におけるマーケティング業務の変革を促進し、専門特化した組織と責任者の必要性が強く認識されるようになった結果だと考えられるという。

日本国内における最高マーケティング責任者(CMO)あるいはそれに相当する役員の存在(ガートナー提供)
日本国内における最高マーケティング責任者(CMO)あるいはそれに相当する役員の存在
(ガートナー提供)

 一方で、ガートナーが実施した別の調査からも、これまでITを活用してCRMなどの顧客関連施策に取り組んできた担当者が、「ITとマーケティングの組織的連携や役割分担の明確化が最重要課題である」と考えていることが明らかとなっている。

 ガートナーでは、こうした必要性や課題の背景として、マーケティング業務にデジタルテクノロジを採用する際に、予算の確保や実装・運用方法などをめぐって部門間での摩擦が起こるようになっているとみている。

 ガートナー ジャパン リサーチ部門 主席アナリストの川辺謙介氏は、次のようにコメントしている。

 「マーケティング施策に必要なテクノロジが高度化すればするほど、顧客の取引履歴や商品の情報など、IT部門がつかさどる基幹システムとの連携が必要になってきます。よって、マーケティング部門とIT部門の密接な連携なしには、ビジネスの成長を支える発展的なマーケティングを実現することが難しくなっていきます」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]