編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

クレイ、欧州中期予報センターのスパコンをアップグレードへ

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-26 10:40

 Crayは、欧州中期予報センター(ECMWF)の使用するスーパーコンピュータのアップグレードと拡張に関して、3600万ドル規模の契約を締結した。

 ECMWFは、15日先までの中期的な世界天気予報のほか、最大1年先までの月間予報や季節予報も提供する。

 英国のレディングにある本部に設置されたデータ処理用のスーパーコンピュータシステムは、気象学の分野で最大規模のものの1つで、世界最大の数値予報データアーカイブを含む。さらに、世界の大気と海洋の高度な予報モデルも実行する。

 アップグレードにより、ECMWFはそれらの複雑なモデルをさらに発展させて、より正確な天気予報を提供できるようになる。

 2013年6月、Crayは「Cray XC30」スーパーコンピュータ2基と「Cray Sonexion」ストレージシステム1基をECMWFに納入する契約を獲得した。今回の新契約の条件の下、CrayはECMWFのスーパーコンピュータを拡張し、「Cray XC40」システムにアップグレードする。ECMWFは、「Cray Sonexion 2000 Scale-out Lustre」ストレージ、さらにIntelの次世代「Xeon Phi」プロセッサ(開発コード名:「Knights Landing」)を搭載する32ノードの「Cray XC40-AC」システムも追加調達する。

 これらの新しいシステムは2016年中に納入される予定だ。

 ECMWFのリサーチディレクターを務めるErland Kallen氏によると、このアップグレードにより、同センターは最大で約2週間先までの深刻な天気事象の予報を向上させる高解像度予報を開発できるようになるという。

 さらに、より高度なデータ同化法の導入も可能になるので、ECMWFはより多くの地球観測システムを使用し、より詳細かつ高品質な大気組成変動予測を行うことができる。

 スーパーコンピューティングはこれまで科学研究目的での使用に限られてきたが、昨今、ビッグデータストアの分析手段を模索する、よりメインストリームのエンタープライズ顧客もスーパーコンピューティングに関心を寄せるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]