編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
海外コメンタリー

「Windows 10」向け最強ブラウザ決定戦--各ベンチマークの結果は? - (page 3)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-28 06:15

 まずは重要な結論から述べよう。Windows 10でお勧めできないのは、Internet Explorer 11である。このブラウザは競合製品に対抗できていない。

 一方、ベンチマークの結果だけを見ると、最も優れているのはChromeかEdgeとなる。

 しかし、ブラウザはベンチマークのスコアがすべてではない。たとえば、米ZDNetが先日掲載したMary Branscombe記者の記事では、「私はEdgeにどれだけの機能が欠けているかを知って驚いた。一度の検索で開いたタブをまとめておくタブグループ機能も、最後に閉じたタブだけではなく最近閉じたタブから1つを選んで開く機能も、閲覧履歴を検索する機能もない」とされている。

 私にとっても、EdgeはWindows 10で使用するメインのブラウザにはなり得ない。その理由は、拡張機能がサポートされていないからだ。私はすべてのプラットフォームでChromeを愛用しているが、十数個を超える拡張機能なしには1日たりとて過ごせない。簡単な操作だけでサイト全体をGoogleで検索しZenMateのVPNに接続しウェブページをGoogle Driveに保存できるのは、すべて拡張機能のおかげである。私が今回の人生で拡張機能のないブラウザに乗り換えることは、まずないだろう。

 また、EdgeはFacebookを含む一部のメジャーなサイトを正しく表示できないという問題も抱えている。とはいえ、Facebookの問題に関しては、Microsoftにすべての非があるわけではない。Facebookは仕様変更の頻度が高く、ウェブ標準に準拠していない側面が多々あるからだ。もちろん、Facebookのユーザーにそんな裏事情は無関係で、彼らにとってはブラウザの使い勝手がすべてである。

 ここまでに評価したあらゆる点を考慮すると、私はChromeをWindows 10の最強ブラウザに推したいと思う。しかし、Edgeを好んで使用するユーザーの気持ちもわかる。Edgeについては、今後も注意深く見守っていくつもりだ。Microsoftで働く友人によると、同社はEdgeの開発に大量のリソースを投入しているという。そのため、2017年の今頃にはEdgeがあらゆる点で競合ブラウザを凌駕し、Windows 10最強ブラウザの座に君臨している可能性はある。しかし、今はまだそのときではない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]