編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

セールスフォース、「Heroku Enterprise」の一般提供を開始

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-27 10:32

 Salesforce.comは米国時間1月26日、「Salesforce App Cloud」のアップデートの一環として「Heroku Enterprise」の一般提供を開始したと発表した。

 Heroku Enterpriseは、エンタープライズ向けのPaaS製品であり、2015年9月に開催された「Dreamforce 2015」でその概要が発表されていた。

 Salesforce.comでApp Cloudのマーケティング担当シニアバイスプレジデントを務めるBrian Goldfarb氏によると、Heroku Enterpriseにはプライベートなネットワークと接続する「Private Spaces」という機能のほか、「Global Regions」や、Heroku Enterpriseに対するシングルサインオン(SSO)を実現する「Integrated Identity」といった機能に対するサポートが含まれているという。

 Goldfarb氏によると、Private Spacesはクラウドを利用して安全でプライベートな領域でアプリケーションを稼働させることを可能にするもの。Global Regionsは、顧客の所在地に近いデータセンターでアプリケーションやワークロードを処理することでレスポンスを高速化し、レイテンシを改善するものだという。

 Goldfarb氏は「Global Regionsはパフォーマンスに主眼を置いている」と述べたうえで、企業におけるコンプライアンスの向上も実現できるとした。「日本企業であれば、東京のGlobal Regionに接続することが理にかなっているはずだ」(同氏)

 またGoldfarb氏は、Heroku EnterpriseのIntegrated IdentityによりApp Cloudは、自社のアイデンティティ管理システムのほか、Microsoftの「Active Directory」といった他のシステムとも連携できるようになると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]