編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ヴイエムウェア、約800人の再配置とCFO交代へ--第4四半期は堅調

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-27 11:10

 VMwareは米国時間1月26日、予想を上回る2015会計年度第4四半期決算(12月31日締め)を発表した。また同社は、成長分野に投資を振り向けることを目的とした800人規模の人員再配置と組織再編の計画とともに、最高財務責任者(CFO)兼最高執行責任者 (COO) のJonathan Chadwick氏の退任も発表した。

 DellによるEMCの買収にともない、VMwareを対象とした子会社連動株式が発行されることを考えると、今回の組織再編はまったく予想外の話とは言えないだろう。また、同社は2016会計年度上半期に再編のための費用として5500万~6500万ドルを計上するとしている。

 VMwareは組織再編によるコスト削減で得た資金を「成長分野の製品に関するフィールドサービスや、技術、サポートのためのリソース」に投資すると述べている。また同社は、Chadwick氏に代わってZane Rowe氏が3月1日付けでCFOの座に就くとしている。Rowe氏はAppleやUnited Airlines、Continental Airlinesでリーダー職を歴任し、最近ではEMCのCFOを務めていた。

 このような動きを発表したVMwareだが、第4四半期決算は堅調だった。同社の発表によると、第4四半期決算は利益が3億7300万ドル(1株あたり88セント)、売上高が前年同期比10%増の18億7000万ドルだった。また、非GAAPベースの利益は1株あたり1.26ドルだった。

 アナリストらの予想では、第4四半期の売上高は18億5000万ドル、1株あたり利益は1.25ドルになるとみられていた。

 VMwareによると、新製品への移行が実を結んでおり、「VMware NSX」やエンドユーザーコンピューティング事業、「VMware Virtual SAN」はすべて好調だという。

 2015会計年度通期では、利益が9億9700万ドル(1株あたり2.34ドル)、売上高は前年比9%増の65億7000万ドルだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]