編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

IBM、Linuxメインフレーム「LinuxONE」を強化へ

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-28 11:14

 2001年に10億ドルをLinuxに投じて業界を驚かせたIBMが2015年に発表したのが、「LinuxONE」だ。LinuxONEはLinuxとオープンソースのソフトウェア、サービスを搭載したメインフレームで、同社のメインフレーム「IBM z13」とCPU「z13」をベースとする「LinuxONE Emperor」、古いz12プロセッサからz13に移行中の「LinuxONE Rockhopper」の2種類がある。

 LinuxONEはIBMのハイブリッドクラウド戦略の中心となるものだ。同社は米国時間1月26日、LinuxONEを以下の点で強化すると発表した。

LinuxONE Emperor LinuxONE Emperor
※クリックすると拡大画像が見られます

 まずIBMのNoSQL「Cloudant」とNode.js「StrongLoop」を最適化してLinuxONEに組み込む。これにより、クライアントはハイブリッドクラウドに迅速かつ容易にアプリケーションの開発、実装、管理ができるようになる。

 IBMはLinuxONEをハイブリッドクラウドソリューションとしてプッシュしているものの、同社のパブリッククラウド「SoftLayer」との連携はスムーズではない。一方で、「OpenStack」クラウドとの連携は容易に実現できる。OpenStackといえば、SUSEのOpenStackツールを利用して、LinuxONE上で動くパブリック、プライベート、ハイブリッドクラウドの管理ができる。

 SUSE、そしてRed Hatに加えて、CanonicalのLinuxディストリビューション「Ubuntu」もまもなくLinuxONEで利用できるようになる。さらに、「Juju」「Metal as a Service(MaaS)」「Landscape」などUbuntuのOpenStackツールセットがLinuxONEでも利用できるようになる。4月に公開予定の「Ubuntu 16.04」(開発コード名:「Xenial Xerus」)が、LinuxONEにフル対応する最初のバージョンとなる。

 IBMはまた、プログラミング言語「Go」のサポートも追加する。Goはシンプルで信頼性があるソフトウェアを作成するための言語で、IBMは夏にもGoコミュニティーに貢献を開始する予定だ。

 3月には、IBMは「IBM Open Platform(IOP)」をLinuxONEポートフォリオに加える予定だ。IOPには「Apache Spark」「Apache HBase」「Apache Hadoop 2.7.1」などのサポートが含まれており、追加のコストは発生しない。

 最後に、IBMはLinuxONEですでにサポート済みのDockerのサポートも強化した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]