編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
日本株展望

3メガ銀行は好配当利回り株として魅力的という判断は変わらず

ZDNet Japan Staff

2016-01-28 12:00

 1月27日の日経平均は455円高の1万7163円だった。26日にWTI原油先物・欧米株式が上昇した流れを受けて大幅に反発し、26日の急落(マイナス402円)分を1日で取り戻した。

 27日、米国でFOMC(金融政策決定会合)の結果発表があった。

 事前の市場予想通り、政策変更はなかった。注目されたFOMC声明文に「世界景気や金融市場の動向を注視する」との文言が盛り込まれたが、それ以上踏み込んだハト派(今後の追加利上げに否定的なトーン)文言がなかったことが嫌気され、NYダウは222ドル下がった。

 27日のWTI原油先物は米国の原油在庫が増加したことを嫌気して一時下がった後に持ち直し、前日比で大きくは変動していない。CME日経平均先物は1万7055円となっている。

 大手銀行株の投資判断について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏が解説する。

3メガ銀行は好配当利回り株として魅力的という判断は変わらず

 昨年8月以降、日経平均が大きく下がったが、3メガ銀行株の下落率は、日経平均よりさらに大きくなっている。

日経平均と3メガ銀行株の値動き比較:2015年8月7日~2016年1月27日


(注:2015年8月7日の値を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成)

 株価の下落率は大きいが、3メガ銀行に特段、新たな悪材料は発生していないと判断できる。株価が下がったことで配当利回りが高くなり、より魅力的な投資対象になっていると考えられる。三菱UFJ FG(8306)とみずほFG(8411)は、10万円以下の金額から投資できるので、積み立て型の投資も可能だ。

3メガ銀行の株価バリュエーションと最小投資金額:1月27日時点


(注:楽天証券経済研究所が作成)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]