編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング
日本株展望

黒田バズーカ再び--マイナス金利導入で世界的に株高

ZDNet Japan Staff

2016-02-01 11:44

 1月29日、日本銀行が「マイナス金利」導入を発表すると日経平均は、前日比476円高の1万7518円まで上昇した。29日の海外市場でも日銀の決断が好感され、欧米株式/WTI原油先物が上昇、為替市場では1ドル121円台まで円安が進んだ。これを受けて、CME日経平均先物(3月限)は1万7850円(日経平均終値比332円高)まで上昇している。

 2月1日週の日経平均は続伸が見込まれる。リスク資産が世界中で一斉に売られる「リスクオフ」局面は終息しつつあると思われる。ただし、世界景気への不安がなくなったわけではないので、再び日経平均が急落する場面もあるだろう。

 楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏は、今後の日経平均は乱高下しながら、徐々に下値を切り上げる展開と予想しているという。

日銀のマイナス金利導入発表を受けて、29日の日経平均は乱高下

日経平均1月29日の値動き

1月29日

 午前中の日経平均は軟調に推移していた。「黒田バズーカ」と呼ばれるほどの追加緩和はないだろうとのムードが支配的だった。ところが、昼過ぎにマイナス金利導入(民間銀行が日銀に預け入れる預金金利を0.15%からマイナス0.1%に引き下げ)が発表されると、後場開始後に日経平均は急騰、その直後に急落し、大引けにかけて再び急騰した。

 窪田氏は、株式市場は、マイナス金利導入のインパクトをすぐには理解できなかったようだという。後場、急騰直後に一時急落したのは、昨年12月18日に日銀が緩和補完策(ETF買い増し3000億円)を発表した直後に日経平均が急騰・急落した記憶が残っていたことも影響したと思われる。

参考:日経平均2015年12月18日の動き

12月18日

 長期金利(10年国債利回り)は急落し、過去最低の0.1%割れまで下がった。金利低下を反映して、為替市場で円安が進み、それを受けて29日の日経平均は最終的に大幅高で終わった。欧米株式にも上昇効果が波及した。

 長期金利(10年国債利回り)は急落し、過去最低の0.1%割れまで下がった。金利低下を反映して、為替市場で円安が進み、それを受けて29日の日経平均は最終的に大幅高で終わった。欧米株式にも上昇効果が波及した。

再びサプライズ(驚き)演出に成功した黒田日銀

 黒田日銀総裁は、マイナス金利導入に否定的発言を繰り返し、期待がなくなったところで実施することによって、再び「黒田バズーカ」と言えるほどの効果を内外金融市場に及ぼすことに成功した。

 窪田氏は、以下の通り、昨年マイナス金利導入の可能性に言及していたが、黒田総裁が否定的コメントを繰り返すので、今回実施されるとは考えていなかったという。

<参考1>2015年2月18日のレポート<「追加緩和」に否定的な発言をする黒田総裁の本音>より

 「追加緩和」のやり方は、いろいろある。従来のように、「国債の買い取り額を大幅に増やす」のが難しくなっているのは事実だが、それでも、やれることはまだたくさんある。日銀は、民間銀行が中央銀行に預ける超過準備預金(法定準備預金を超える預け入れ額)に付利しているが、この付利を廃止する、あるいは欧州のようにマイナス金利を導入することは検討に値する。

 日銀が量的緩和で市中に流したお金のかなりの部分が、現在、超過準備預金の形で日銀に還流しているからだ。マイナス金利を導入すれば、日銀への資金還流が減り、量的緩和の実効性が上がると考えられる。

<参考2>2015年9月16日のレポート<日銀はいつ動く?--9月は追加緩和なし>より

 追加緩和があるとすると、以下の3つのいずれかになるだろう。

  1. 日本株ETFおよびREIT(上場不動産投資信託)の買付額の追加
  2. ツイストオペレーション(中期国債の買付を減額し、その分、20年国債を買い増し)
  3. 超過準備預金への付利廃止(金融機関が日銀に預ける準備預金の超過預け入れ分に対する付利0.1%をなくし、0%にする)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]