組織で取り組むUI/UX

UI/UXの設計や評価にはどんな“肩書き”が必要なのか

綾塚祐二 2016年02月05日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 組織内のユーザーインターフェース(User Interface:UI)やユーザー体験(User eXperience:UX)を専門に扱う部署の位置付けはいろいろあり得るが、そこに集めるべき人たちの肩書、職種、担当業務はどんなものだろうか。それぞれどんな技能や素養を持っている人たちだろうか。また、UIやUXの重要性をしっかり理解し、社内に啓蒙し、UIやUXの向上を推進するリーダーたるべき人はどんな肩書を持っているのだろうか。

 今回はそこからUI/UX設計部のあり方について考えていきたい。

UIデザイナー

 まず、UI/UX設計部に所属する人として最も想像に難くないのは、UIデザイナーと呼ばれる人たちであろう。

 前回記事の「UIの設計」で挙げたような項目を担当するような人は全てUIデザイナーと呼べるわけだが、「UIデザイナー」が実際に何を担当している人を指すかは、組織によってまちまちである。

 ビジュアルデザインに寄った部分を担当する人を指し、実装寄りの人は「UIエンジニア」と呼ばれるかもしれないし、逆に実装を含む部分を担当する人を指し、ビジュアルデザインの部分はそちらを専門とする「グラフィクスデザイナー」などに任せる形になっているかもしれない。


 もちろん、同じ組織内で、カバー範囲の違う複数のタイプの「UIデザイナー」がいても構わない。

 どのようなタイプのUIデザイナーだとしても、共通して持っているべきは情報デザインの知識と、基礎的な人間の認知心理/運動に関する知識である。それをベースとして、スマートフォンやウェブなど各種プラットフォームの知識、デザインをUIコンポーネントなどによる実装に落としこむ技能、情報デザイン的要請やその他の要請に沿うようヴィジュアルを整えるセンスなどが加わることで、さまざまなタイプのUIデザイナーが成り立つ。

 上述のような知識や技能など以外にも、タッチパネルやマウス、キーボードをはじめとする入力デバイスの特性を把握しておく必要もある。物理的な製品を作る場合には、素材の知識や加工、生産などの知識も必要になる(その場合には「プロダクトデザイナー」や「工業デザイナー」と呼ばれる人たちがいるかもしれない)。

 前回も書いたが、UIやUXを扱うのに必要となる知識やスキルは多様かつ雑多なのである。

 このようにベース以外の部分は幅が広いが、それぞれに特化したタイプのUIデザイナーも、他の部分に関してある程度は知識を持っておいたほうがよい。カバー範囲の異なるUIデザイナーとチームとして動く際に円滑に進めるためというのもあるが、UIやUXを考える際には全体的な視点を持つことが重要だからである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算