編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
組織で取り組むUI/UX

UI/UXの設計や評価にはどんな“肩書き”が必要なのか

綾塚祐二

2016-02-05 07:00

 組織内のユーザーインターフェース(User Interface:UI)やユーザー体験(User eXperience:UX)を専門に扱う部署の位置付けはいろいろあり得るが、そこに集めるべき人たちの肩書、職種、担当業務はどんなものだろうか。それぞれどんな技能や素養を持っている人たちだろうか。また、UIやUXの重要性をしっかり理解し、社内に啓蒙し、UIやUXの向上を推進するリーダーたるべき人はどんな肩書を持っているのだろうか。

 今回はそこからUI/UX設計部のあり方について考えていきたい。

UIデザイナー

 まず、UI/UX設計部に所属する人として最も想像に難くないのは、UIデザイナーと呼ばれる人たちであろう。

 前回記事の「UIの設計」で挙げたような項目を担当するような人は全てUIデザイナーと呼べるわけだが、「UIデザイナー」が実際に何を担当している人を指すかは、組織によってまちまちである。

 ビジュアルデザインに寄った部分を担当する人を指し、実装寄りの人は「UIエンジニア」と呼ばれるかもしれないし、逆に実装を含む部分を担当する人を指し、ビジュアルデザインの部分はそちらを専門とする「グラフィクスデザイナー」などに任せる形になっているかもしれない。


 もちろん、同じ組織内で、カバー範囲の違う複数のタイプの「UIデザイナー」がいても構わない。

 どのようなタイプのUIデザイナーだとしても、共通して持っているべきは情報デザインの知識と、基礎的な人間の認知心理/運動に関する知識である。それをベースとして、スマートフォンやウェブなど各種プラットフォームの知識、デザインをUIコンポーネントなどによる実装に落としこむ技能、情報デザイン的要請やその他の要請に沿うようヴィジュアルを整えるセンスなどが加わることで、さまざまなタイプのUIデザイナーが成り立つ。

 上述のような知識や技能など以外にも、タッチパネルやマウス、キーボードをはじめとする入力デバイスの特性を把握しておく必要もある。物理的な製品を作る場合には、素材の知識や加工、生産などの知識も必要になる(その場合には「プロダクトデザイナー」や「工業デザイナー」と呼ばれる人たちがいるかもしれない)。

 前回も書いたが、UIやUXを扱うのに必要となる知識やスキルは多様かつ雑多なのである。

 このようにベース以外の部分は幅が広いが、それぞれに特化したタイプのUIデザイナーも、他の部分に関してある程度は知識を持っておいたほうがよい。カバー範囲の異なるUIデザイナーとチームとして動く際に円滑に進めるためというのもあるが、UIやUXを考える際には全体的な視点を持つことが重要だからである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]