サンドボックスオプションを提供--IIJのウェブゲートウェイサービス

NO BUDGET 2016年02月01日 18時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IIJは2月1日、ウェブアクセスのセキュリティを統合的に提供する「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」の機能を拡充し、標的型攻撃などに有効な「サンドボックスオプション」の提供を同日に開始すると発表した。費用は利用端末数に応じた個別見積りで、最低利用期間は1カ月。

サンドボックスオプション概要図(IIJ提供)
サンドボックスオプション概要図(IIJ提供)

 IIJセキュアWebゲートウェイサービスとは、危険なサイトへのアクセスを遮断するウェブフィルタリング、ウイルスやスパイウェアなどを未然に防止するアンチウイルス、ウェブアクセスのログ保管など、ウェブアクセスに求められるさまざまなセキュリティ機能をゲートウェイとして提供するクラウドサービス。2015年9月末時点での契約数は100万アカウントを突破したという。

 新たに提供するサンドボックスオプションでは、安全な仮想環境上で外部から受け取ったファイルを実行、その振る舞いを観察することで、疑わしいファイルを検知する。これにより、シグネチャマッチングでは困難だった未知のマルウェアを検知できる。

 主な特徴は以下の通り。

サンドボックスをすり抜ける攻撃に対抗する静的コード解析

 サンドボックスを回避するための隠ぺいしたコードやロジックが組み込まれたマルウェアに対し、プログラムの内部構造を分析する静的コードを解析することで、サンドボックスをすり抜ける攻撃の検知率を高める。

日本語OSやアプリケーションを採用したサンドボックス環境で検査

 日本国内での利用を想定し、サンドボックス環境はWindowsの日本語版やアプリケーションを採用。検知精度向上のため、ユーザーの利用環境に近いIIJ独自の仮想環境を提供している。

クラウド型サービスによりアセットレスでセキュリティ強化を実現

 IIJバックボーン上に設置したサービス設備内で処理するSaaS型サービスのため、自社でアプライアンス機器などのハードウェアを保有するコストや運用の負荷を軽減し、短期間での導入を可能にする。また1台からの利用にも対応し、特定のセグメントのみに導入するなどスモールスタートが可能としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算