編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

AWSやAzureと専用線接続--NTTデータがマルチクラウドサービス

ZDNet Japan Staff

2016-02-01 20:04

 NTTデータは2月1日、同社のデータセンターとAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureを専用線で直接接続する「マルチクラウド接続サービス」を2月1日から提供すると発表した。クラウドサービスの拡充を図り、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドのニーズに対応するとしている。

 サービスリリースの背景に、既存のITとクラウドサービス間、あるいは複数クラウドサービス間を信頼性を保ちながら接続することが課題になっていることがあるという。

マルチクラウド接続サービス概要
マルチクラウド接続サービス概要

 NTTデータは、自社のデータセンターとAWSやAzureの間を専用線で接続するサービスを提供することで、安全性や信頼性を担保しつつ、複数のクラウドサービスや自社システムを連携させるハイブリッドクラウド、マルチクラウドを利用したいという顧客のニーズに応える。

 今回、複数の通信会社の回線、ネットワーク機器を物理的に冗長化することにより、可用性の高いネットワーク環境を利用できるようにした。低価格、短期間でのサービス利用もしやすくする。

 また、AWSやAzureのアクセスポイントにおいて、ユーザー自身が回線の手配や追加ラック契約など追加設備を用意することは不要になる。NTTデータを通じた割安な契約で入手できるため、低価格でサービスを利用できる。

 また、最低利用期間を1カ月と設定しているため、試験や開発環境としてや移行など多岐の用途での利用も想定している。

 NTTデータは今後、国内のクラウド市場の拡大とともに、企業にとって選択肢が広がる一方で、多様なクラウドサービスの適切な評価と選定、運用管理がより困難になると見ている。顧客の事業パートナーとして、複数のクラウド基盤の最適化や運用管理を支援する新サービスを開発し、順次発表していく予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]