編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

MS、Windows Server利用者向けの新BYOLオプション「Azure Hybrid Use Benefit」を提供開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-02 10:40

 Microsoftは2015年秋、「Windows Server」向けに顧客がライセンスを持ち込むBYOL(Bring Your Own License)オプションを提供する予定を明らかにしていた。そして米国時間2月1日、MicrosoftのSoftware Assuranceを利用するWindows Serverライセンス顧客は、新しいサービス「Azure Hybrid Use Benefit(HUB)」を利用できるようになった(Licensing School UKがAHUについて分かりやすく解説している)。

 HUBを利用してユーザーは、Azure仮想マシン(VM)を調達し、既存のWindows Serverライセンスを割り当てることができる。Licensing Schoolによると、Windows Server Datacenterライセンス保有者は、Azureの仮想マシンだけでなく、オンプレミスの仮想マシンにも割り当てることができるようだ。Standardライセンスの場合は、オンプレミスかAzureか実装先を選択する必要がある。

 単一プロセッサベースのWindows Serverライセンスで、Azureで最大16コア分のWindows Serverを利用できる。

 Microsoftは2015年、Windows Enterpriseの顧客がWindows 10の「Current Branch for Business」をAzureで動かせるようにするとも述べていた。これについては現時点ではまだ実現していないようだ。

 ユーザーはWindows 7とWindows 8.1をAzureの仮想マシンで動かすことができるが、これは開発とテスト用途のみとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]