編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

「Windows 10」のシェア、「XP」と「8.1」を上回る--首位は依然「7」

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 高橋朋子 (ガリレオ)

2016-02-02 12:03

 発売から6カ月を経て、「Windows 10」がようやく「Windows XP」と「Windows 8.1」を追い抜き、ウェブトラフィックのシェアで2番目に人気の高いデスクトップ向けOSになった。

 NetMarketShareが米国時間2月1日に報告したところによると、2016年1月のWindows 10の世界市場シェアは、前年12月の9.96%から11.85%に増加した。この最新の数字は、数カ月にわたって伸び悩んでいたWindows 10の普及率が、ここへきて順調に上向いてきたことを示している。

 同時にWindows XPの利用もわずかに増え、前月比約0.5ポイント増の11.4%となる一方、Windows 8.1の市場シェアは10.4%で横ばいだった。

 Windows 10のシェア拡大は、この最新OSがようやくメインストリームから一定の認知を獲得しつつある可能性を示唆している。

 Windows 10への無償アップグレードの有効期限は、2015年7月29日のリリースから1年間となっており、「Windows 7」および8.1のユーザーに残された時間はあと6カ月だ。2016年の夏にその期限が切れた後は、Windows 10の「Home」エディションを入手するのに119ドル、「Pro」バージョンの場合は199ドルを支払う必要がある。

 Windows 7は、1月もデスクトップOSの首位を守った。しかし、シェアは12月の55.6%から52.4%に下がっており、ユーザーがWindows 10に乗り換えつつある兆候がうかがえる。

 現在のところ、Windows 10はオプションのアップグレードという位置づけだが、Microsoftはこのステータスを2016年の早い段階で推奨アップグレードに変更する意向だ。


発売から6カ月を経て、「Windows 10」がようやく「Windows XP」と「Windows 8.1」を追い抜き、ウェブトラフィックのシェアで2番目に人気の高いデスクトップ向けOSになった。
提供:NetMarketShare

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]