編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Windows 10」のシェア、「XP」と「8.1」を上回る--首位は依然「7」

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 高橋朋子 (ガリレオ)

2016-02-02 12:03

 発売から6カ月を経て、「Windows 10」がようやく「Windows XP」と「Windows 8.1」を追い抜き、ウェブトラフィックのシェアで2番目に人気の高いデスクトップ向けOSになった。

 NetMarketShareが米国時間2月1日に報告したところによると、2016年1月のWindows 10の世界市場シェアは、前年12月の9.96%から11.85%に増加した。この最新の数字は、数カ月にわたって伸び悩んでいたWindows 10の普及率が、ここへきて順調に上向いてきたことを示している。

 同時にWindows XPの利用もわずかに増え、前月比約0.5ポイント増の11.4%となる一方、Windows 8.1の市場シェアは10.4%で横ばいだった。

 Windows 10のシェア拡大は、この最新OSがようやくメインストリームから一定の認知を獲得しつつある可能性を示唆している。

 Windows 10への無償アップグレードの有効期限は、2015年7月29日のリリースから1年間となっており、「Windows 7」および8.1のユーザーに残された時間はあと6カ月だ。2016年の夏にその期限が切れた後は、Windows 10の「Home」エディションを入手するのに119ドル、「Pro」バージョンの場合は199ドルを支払う必要がある。

 Windows 7は、1月もデスクトップOSの首位を守った。しかし、シェアは12月の55.6%から52.4%に下がっており、ユーザーがWindows 10に乗り換えつつある兆候がうかがえる。

 現在のところ、Windows 10はオプションのアップグレードという位置づけだが、Microsoftはこのステータスを2016年の早い段階で推奨アップグレードに変更する意向だ。


発売から6カ月を経て、「Windows 10」がようやく「Windows XP」と「Windows 8.1」を追い抜き、ウェブトラフィックのシェアで2番目に人気の高いデスクトップ向けOSになった。
提供:NetMarketShare

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]