編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
IoTセキュリティの設計図

IoTセキュリティの設計--検討するべき6大要素 - (page 4)

相原敬雄

2016-02-09 07:00

IoTセキュリティの6大要素

 情報セキュリティの目的、それは不正なアクセスや使用、漏えいから情報を保護することだ。情報セキュリティの中核を担う従来のセキュリティ3大要素(CIA)は、次の通りだ。

  1. Confidentiality(機密性): 認証した個人、プロセス、エンティティのみに情報へのアクセスを限定
  2. Integrity(完全性): データのライフサイクル全体を通じて正確性と完全性を確保
  3. Availability(可用性): システムと情報を必要なときに利用できる環境を確保
  4.  ビッグデータとその膨大なデータ量がIoTの新たな課題となっている今日、特にIoTのセキュリティにとって重要な新しい3つの要素が、前述の3大要素に加えられる。

  5. Accountability(責任追跡性): 同一主体の行動の記録を取り、追跡できること
  6. Authenticity(真性性): 真性であり、検証および信頼することができる
  7. Reliability(信頼性): 信頼、信用できるシステム

IoTのセキュリティを検討するのに重要な要素

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]