編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Office 365」とウェブ会議「V-CUBE」が連携--AWSからAzureに移行

日川佳三

2016-02-03 08:00

 ブイキューブと日本マイクロソフトは2月2日、両社のクラウドサービスを連携させたと発表した。ウェブ会議などの映像コュニケーション機能を提供する「V-CUBE」と、オフィスソフトの「Office 365」を連携させた。Office 365のカレンダーからウェブ会議を予約するといった使い方ができるようになった。両サービスを利用するユーザー数の目標として、初年度10万人、今後3年で100万人を掲げている。

 連携のための基礎としてブイキューブは、V-CUBEのインフラ基盤を「Amazon Web Services(AWS)」から「Microsoft Azure」に移行した。この上で、認証基盤として「Azure Active Directory(Azure AD)」を利用するようにした。これにより、V-CUBEとOffice 365の両方のサービスを契約しているユーザーであれば、Office 365にログインするだけでV-CUBEを利用できるようになった。

 協業について日本マイクロソフト代表執行役会長の樋口泰行氏は、「日本は生産性が低いので、ワークスタイルの変革が必要」と説明する。映像コミュニケーション分野で実績のあるV-CUBEと連携することで生産性が高まるというわけだ。V-CUBEと競合する部分もあるが「ユーザーの利便性につながるなら、あらゆる企業とオープンに協業する」とスタンスを説明した。

 一方、ブイキューブ代表取締役社長最高経営責任者(CEO)の間下直晃氏は、「Office 365との連携機能を欲する声が大きい」と連携の背景を説明する。「Office 365のユーザーは多い。感覚ではV-CUBEユーザーの過半数がOffice 365を使っている」(間下氏)

ブイキューブ 代表取締役社長CEO 間下直晃氏(左)と日本マイクロソフト 代表執行役会長 樋口泰行氏
ブイキューブ 代表取締役社長CEO 間下直晃氏(左)と日本マイクロソフト 代表執行役会長 樋口泰行氏

ウェブ会議の予約やスケジュールをOutlookで登録

 V-CUBEは、SaaS型の映像コミュニケーションシステムだ。主力製品の「V-CUBEミーティング」はウェブ会議サービスで、ウェブカメラとマイクをつないだPCやスマートデバイスで利用できる。「V-CUBEセミナー」は複数の受講者を相手にセミナーを開催できるサービスで、受講者のウェブブラウザ上にホワイトボードやプレゼンテーション資料を表示させながら講義できる。

 2月時点で利用できる連携機能は大きく2つある(図)。1つはAzure ADを利用したOffice 365とのシングルサインオン(SSO)で、もう1つはアプリケーション連携だ。V-CUBEミーティングとV-CUBEセミナーの2つのアプリケーションが、Office 365の「Outlook」カレンダー機能と連携する。例えば、Outlookからウェブ会議を予約したり、V-CUBEからOutlookカレンダーにスケジュールを登録したりできる。さらに、クライアントソフトのOutlook向けにも、V-CUBEミーティングと連携するアドインを用意した。

図:V-CUBEとOffice 365/Azureの連携イメージ
図:V-CUBEとOffice 365/Azureの連携イメージ

 V-CUBEとOffice 365の両サービスを契約しているユーザーであれば、追加のライセンスを払うことなく、連携機能を利用できる。また、Office 365の販売パートナー向けの施策として、Office 365とのセット販売に特化した専用のライセンスプランをV-CUBEに用意した。

 今後の展開として、数カ月後ほどの近い将来にAzureのIaaSを利用して構築したプライベートクラウド環境でもV-CUBEを使えるようにする予定。その後、「SharePoint」や「Power BI」などOffice 365の他のサービスとも連携させる。翻訳の「Microsoft Translator」やビッグデータ分析の「Cortana Analytics」と組み合わせた展開も考えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]