マイクロソフト、「Azure IoT Hub」の一般提供を開始

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年02月05日 10時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドに接続したデバイスのためのMicrosoftのコミュニケーションプラットフォーム技術「Azure IoT Hub」が一般提供となった。

 ベンチャーであれ大企業であれ、Microsoftの顧客がArduino、Raspberry Pi、Texas Instrumentsの各種製品などを利用した低消費電力のデバイスで構成される大規模なネットワークをベースに新しいビジネスモデルとプロセスを実装するにあたって、Azure IoT Hubは重要なサービスとなる。

 Gartnerのアナリストは、2020年にはIoTデバイスの数は208億台に達すると予想している。これは、2016年に見込まれている64億台からの増加となる。これらの多くは、自動車のような”モノ”がほとんどだが、Gartnerは企業が電球、冷暖房空調設備(HVAC)、ビル管理システムなどを接続するようになり、法人市場が大きくなると予想している。

 IoT Hubは分散された端末がAzure経由でやりとりするためのメッセージインフラを提供するものだ。プロトコルはMQTT、HTTPS、AMPQPSなど、よく利用されているものをサポートする。

 Microsoftは「Azure IoT Suite」をリリースした1カ月後の2015年10月より、IoT Hubをパブリックプレビューとして提供してきた。Azure IoT Suiteは、Microsoftの他のAzureサービス(機械学習、分析など)やストレージとメッセージを統合するもので、顧客はリアルタイムでデータを分析して意思決定を下すことができる。

 IoT Suiteの事前設定済みのソリューションとしては現在、リモートモニタリング、予測メンテナンスなどがある。これにより、データ取得、デバイス認識、制御、ルールとアクション、予測分析などが可能となる。

 現在IoT Hubは、1日最大8000件のメッセージをサポートする実験用途では無料で利用できる。1日最大40万件の4Kバイトメッセージをサポートする小規模向けの「S1」は、現在月額2550円だが、4月1日より5100円に値上がりする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算