デジタル未来からの手紙

ロボット導入請け負い--未来の成功モデル「スマートマシンインテグレーター」 - (page 2)

林 雅之

2016-02-15 07:00

 一方、スマートマシンの場合は、ロボットや自動運転車など多くは状況に応じて自らが判断して移動するマシンであり、ネットワークが途切れた場合、マシンを制御できなくなる可能性がある。自動運転車やロボット、ドローンが高速で移動しながらでも、高信頼で低遅延であり通信可能なミッションクリティカル型のネットワーク設計が求められていくことになるだろう。

 2020年以降に5Gが提供される計画が進められているが、たとえば、スマートマシン用の通信帯域を確保するといった検討をする必要性も出てくるだろう。もしくは、無線と5Gといった複数の通信接続により安定性や信頼性を確保するダイバーシティ通信といった選択肢も考えられるだろう。

 Googleは、すでに、ドローンを活用した5Gネット通信を実験を進めているように、今後、ドローンやロボット、自動運転車など、5Gによる接続実験が進んでいくことが予想される。

スマートマシン

 スマートマシンの多くは、クラウドサービスとも連携するようになり、収集したデータやカメラの映像など、膨大なデータを蓄積するようになる。これらの蓄積されたデータや映像を活用するデータ活用ビジネスはさまざまな可能性を秘めている。

 機械学習や画像認識、音声認識、自然言語処理など、共通プラットフォーム上で動作する「AIプラットフォーム」との連携により、自律的に動作するスマートマシンが実現する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]