日本株展望

日本株底入れの条件

ZDNet Japan Staff 2016年02月09日 10時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月8日の日経平均は前週比184円高の1万7004円と、1万7000円台を回復した。朝方、前週比267円安の1万6552円まで下がったが、その後一時1ドル117円台へ円安が進んだことから、押し目買いが増え反発した。

 ところが、8日の欧米市場に入って1ドル115円台へ円高が進んだ。欧米株式も下落し、「リスク・オフ」モードに戻っている。これを受けてCME日経平均先物は、1万6460円(8日の日経平均終値対比マイナス544円)まで下がっている。当面、日経平均の下値波乱が続きそうだ。

 今日は、日本株が底入れする条件について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日本株が年末にかけて上昇すると考えている理由

 株は、短期は需給、長期はファンダメンタルズ(景気・企業業績)で動く。短期的には日経平均の下値トライが続く見込みだ。ただし、窪田氏は、今年の年末に日経平均は2万円以上に上昇すると予想しているという。

 今期(2016年3月期)に続いて、来期(2017年3月期)も企業業績の増益が続くと予想しているからだ。海外経済への不安で下げた日経平均も、最後は日本の企業業績の拡大を評価して上昇すると予想されている。

【参考】今来期の企業業績見通し

 楽天証券経済研究所では、東証一部上場企業の、金融を除く全産業ベース経常利益が、今期9%、来期7%増加すると予想しているという(金融業の業績予想が難しいので、金融業を除いて予想を出している)。

 来期増益が市場コンセンサスとなれば、日経平均は底入れし、上昇トレンドに戻ると考えられる。ところが、今、来期の企業業績が減益になるリスクが語られ始めている。来期減益懸念を払拭できない間は、日本株の上値は重いままとなる。

来期増益になるための重要条件

 日本の企業業績が来期増益になるためには、さまざまな前提条件が必要だ。話を単純にするため、その中で、最も重要な2つの条件にスポットを当てよう。為替と原油だ。

 窪田氏は、来期業績予想の前提条件として、2016年の為替は1ドル114~123円(平均118円)、WTI原油先物は1バレル28~40ドル(ドバイ原油で1バレル24~37ドル)の範囲で動くとしているという。もし、それ以上の円高や原油安が進む場合は、業績予想および日経平均予想を下方修正する必要が生じる。

(1)為替レート前提:2016年の為替レートが1ドル114~123円で推移

 窪田氏は1ドル114円を超える円高はないことを前提に来期増益と予想しているという。ただし、為替アナリストには、1ドル110円まで円高が進むとの予想もある。米景気も失速し、米FRB(中央銀行)が今年まったく追加利上げを実施できなくなる場合は、1ドル110円もあり得る。

 ただ窪田氏は、そうは考えていないという。今年、米景気は堅調を保ち、年末に1回だけ米FRBが追加利上げを実施すると窪田氏は予想しているという。米景気失速がなければ、為替は1ドル114~123円の範囲で動くと予想される。

(2)原油価格の前提:2016年のWTI原油先物が1バレル28~40ドルで推移

 原油など資源価格が大きく下がった場合、短期的には日本の景気・企業業績には、マイナス効果だけが表れる。今がその状態だ。原料安メリットが出ない中で、原料安のマイナス面だけが表面化している。2016年1~3月期の企業業績は、資源安で押し下げられることになる。

 資源が下がったメリットが日本の企業業績に表れるには、3カ月~6カ月のタイムラグ(時間の経過)が必要だ。2016年のWTI原油先物が28~40ドルで推移すると、来期(4月以降)の企業業績には、プラス効果が大きく出てくる。

 資源価格が下がった直後に原料安メリットが表れないのは、高値在庫が残っているためだ。昨年末に資源価格は全面安になったが、今はまだ、高値で仕入れた資源在庫が残っており、在庫評価損(総平均法を使う場合の高値在庫による業績押し下げ効果)が発生する。

 1~3月期、石油や鉄鋼、化学などの素材産業では、在庫評価損が業績悪化要因となる。大手総合商社などの資源産業では、資源権益の減損が業績悪化要因となる。

 資源価格が安値圏で安定したまま3~6カ月が経過すると、日本企業の業績に原料安効果が出始める。高値在庫がなくなり、安値で仕入れた原料の恩恵を受けることができるようになるからだ。資源価格が反発した場合は、原料安メリットによる業績押し上げ効果が拡大する。

来期減益のイメージを払拭できるのはいつか

 1バレル28ドルを割る原油安、1ドル114円を割る円高が進む懸念が小さくなるまで、来期減益懸念を払拭できない。日本株は当面、原油先物・為替市場の動きに神経質な展開が続くだろう。

 円高・原油安が止まり、来期の企業業績が増益になるイメージを持てるようになれば、日経平均は上昇トレンドに戻るだろう。それは4月以降になる可能性もある。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]