編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

日本オラクル、データ保護向けリスク評価サービスを開始

NO BUDGET

2016-02-11 07:00

 日本オラクルは2月10日、Oracle Databaseの導入企業を対象としてサイバーセキュリティ対策をデータ保護の側面から支援するリスク評価サービス「Oracle Databaseセキュリティ・リスク・アセスメント」の提供を開始すると発表した。

 このリスク評価サービスでは、企業がさらされるセキュリティ面のリスクを最小化することを目的に、リスク要因の特定と推奨される戦略策定に注力し、実務的なレビューを提供する。アセスメントはデータベースを中心としつつ、ストレージやネットワーク、業務アプリケーションといった周辺のシステムも対象としている。

 サービスでは、企業が保有する顧客データや、業務プロセス、セキュリティポリシーなどに対する掘り下げた分析により、リスクを回避するための手法を、複数のリスク領域にまたがり、企業固有の業務要件に即した内容で提示するという。

 サービスの概要は以下の通り。

  • 既存システムのデータベース設定に関する情報収集と分析
  • オラクルの持つデータセキュリティ対策の標準的なベストプラクティスと比較して逸脱している項目を特定
  • 業務アプリケーションやデータベースの運用管理者への聞き取り調査を通じて、すでに対策されているシステムの運用や設定、利用技術において、潜在的なデータ漏えいのリスクにさらされている領域を特定
  • 上記の分析を通じて、業務プロセスや既存のシステム設定変更、新しい技術の導入など、セキュリティの改善計画の立案支援

 オラクルはこのアセスメントサービスの提供により、オペレーションを合理化するとともに、監督官庁の要件を満たすことを支援するとしている。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]