編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ヴイエムウェア、ソフトウェア定義ストレージ製品「Virtual SAN 6.2」を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-12 10:42

 VMwareは「Virtual SAN」プラットフォームの最新版「VMware Virtual SAN 6.2」を発表した。プライベートクラウドとパブリッククラウドインフラ向けのソフトウェア定義スタックを強化するものとなる。

 VMware Virtual SANはソフトウェア定義ストレージ製品で、主としてNutanixと競合する。VMwareによると、21カ月前に提供を開始して以来、すでに3000以上のハイパーコンバージドインフラ顧客を抱えるという。バージョン6.2は第1四半期中に提供の予定で、価格はCPUあたり2495ドルからとなっている。

 ソフトウェア定義ストレージ技術により、ベンダーの競争が変わりつつある。ストレージ容量の消費は進んでいるが、既存のシステムベンダーの成長は鈍化している。その一因はクラウドにあるが、ハードウェア側にも原因がある。ソフトウェア定義ストレージによりコモディティのx86サーバでアレイを構築できるため、これまでストレージベンダーに入っていた売り上げはサーバの売り上げとなるからだ。VMwareはストレージとネットワークの両方の市場で、ソフトウェア定義というトレンドを活用している。

 「すべてがx86ノード上で作成でき、単一のビルディングブロックを利用して拡張できる。これがわれわれのビジョンだ」とVMwareでソフトウェア定義データセンター部門でプロダクトマーケティングと管理のトップを務めるGaetan Castelein氏は述べる。

 VMwareは、ストレージ、ネットワーキング、コンピューティングを担う、「vSphere」、「vCenter Server」、Virtual SANをまとめて「VMware Hyper-Converged Software(VMware HCS)」と呼んでいる。このソフトウェアスタックはサーバベンダー経由で提供されるほか、EMCのVCE事業部経由でアプライアンスとしても提供される。

 以下がスタックと提供モデルとなる。VMwareは11社のサーバメーカーと提携しており、これらのメーカーが事前設定済みのシステムを構築している。


 Virtual SAN 6.2では、ストレージ効率が向上し、データ重複排除、圧縮などのオプションが加わった。現在Virtual SANの利用はハイブリッドストレージ実装が主流だが、オールフラッシュアレイのような実装も今後増加すると予想されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]