編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング
日本株展望

一時1ドル110.97円--日本企業への影響は?

ZDNet Japan Staff

2016-02-12 12:39

 2月10日は1ドル113円台まで円高が進んだことが嫌気され、日経平均は372円安の1万5713円となった。11日、海外市場で円がさらに急伸し、一時110.97円をつけた(日本時間12日午前6時現在は、1ドル112.37円)。これを受けて、11日のCME日経平均先物は1万5195円まで下がっている。

 今日の日経平均は続落して始まることが予想される。これについて楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

円高・原油安・中国株安が、日本株の下落要因に

 日経平均は、円高・原油安・上海株安を受けて、1月以降、急落している。以下のグラフをご覧いただきたい。1月4日は上海株急落を受け、日経平均も急落した。

 上海株の下げが一服した後は、原油先物の急落を受けて、日経平均も下がった。原油先物が反発した後は、円高急伸でさらに売られている。

年初からの日経平均・上海総合株価指数・WTI原油先物(期近)・ドル円為替レートの動き:2015年12月末~2016年2月10日

日経平均
香港

 中国は今週、春節(旧正月)で休暇で、株式市場も休場だ。来週、春節明けの上海株がどう動くか注目される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]