編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

革新性とともに怖さも--人工知能10の応用事例 - 7/10

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-02-21 06:30

7.サバイバルロボット

 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の知能システム研究室(LIS)の研究者たちは、遺伝的アルゴリズム(GA)を搭載した複数の円筒型ロボットを使って、競技エリア内に配置した食料源の発見を競わせるという実験を行った。これらのロボットには、食料源に横付けしたことを検出する接地センサのほか、青い色で光るライトと、他のロボットが出す光を検出するカメラが搭載されており、初めのうちはランダムに青い光を放つようになっていた。数世代の進化を経て、それぞれのロボットは他のロボットの光を情報として利用し、効率的に食料源に横付けするようになった。しかし、食料源はすべてのロボットが横付けできるほど大きなものとなっておらず、ある種の枯渇状態が作り出されていたため、50世代後には食料の近くで光を消すロボットが増えていったという。

7.サバイバルロボット

 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の知能システム研究室(LIS)の研究者たちは、遺伝的アルゴリズム(GA)を搭載した複数の円筒型ロボットを使って、競技エリア内に配置した食料源の発見を競わせるという実験を行った。これらのロボットには、食料源に横付けしたことを検出する接地センサのほか、青い色で光るライトと、他のロボットが出す光を検出するカメラが搭載されており、初めのうちはランダムに青い光を放つようになっていた。数世代の進化を経て、それぞれのロボットは他のロボットの光を情報として利用し、効率的に食料源に横付けするようになった。しかし、食料源はすべてのロボットが横付けできるほど大きなものとなっておらず、ある種の枯渇状態が作り出されていたため、50世代後には食料の近くで光を消すロボットが増えていったという。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]