「Azure」ベースのブロックチェーンサービス--取り組み進めるマイクロソフト

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-17 10:48

 IBMが自社のアプリとサービスでのブロックチェーン技術の利用に向けて取り組んでいるが、Microsoftも「Azure」クラウドサービスでブロックチェーンの取り組みを進めている。

 ブロックチェーンは暗号通貨のBitcoinを支える技術だ。だが、それ以上の可能性を秘めている。ブロックチェーンは、暗号通貨だけでなく、他の記録についても完全な取引履歴を保存できる分散、共有型レッジャー(元帳)だ。そのため、銀行や金融関連を中心に多数の企業がブロックチェーンに関心を持っている。(ブロックチェーン技術は著作権とIP、デジタル契約管理、雇用記録などでも利用できると言われている)。

 Microsoftは「Azure Blockchain as a Service(BaaS)」としてこの分野に進出しており、2015年11月にConsenSysと提携して、「Ethereum Blockchain as a Service(EBaaS)」を発表した。現在、マーケットプレイスでパッケージ化したBaaSを提供している(Go Ethereum on UbuntuVM running BLockApps STRATO)。

 最近の動きとしては、C++ Ethereumクライアントのテストを行い、現在Windows Server上でのEthereumの提供に向けて取り組んでいるという。Microsoftはまた、暗号レッジャーソフトウェアのRippleとも協業し、UBSやCredit Suisseなど11の銀行とブロックチェーンが関連した実証実験を行ったという。

 Microsoftは2016年1月下旬、Azureの「DevTest Labs」のラボ環境のプレビューを公開している。ブロックチェーンが関連したサービスとパートナーは仮想マシンからブロックチェーン技術を切り離すことができる。

 Azure BaaSの短期的な目標は、認定されたブロックチェーンマーケットを2016年春までに導入することだ。一部の限定的な企業を選ぶというより、さまざまなタイプのブロックチェーンパートナーを加えることにフォーカスしているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]