編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング
日本株展望

日経平均を1000円高や900円安にするのは誰か?

ZDNet Japan Staff

2016-02-17 11:07

 2月16日の日経平均は、31円高の1万6054円だった。日経平均の1日の変動幅が50円以下になるのは今年初めてだ。1月に入ってから、日経平均は1日で300円や400円動くのが普通になっていた。

 特に、先週から今週にかけて、900円下がったり1000円上がったりと激動が続いた。そんな荒い売買をするのは、いったい誰だろうか。楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

荒れる日経平均

2月以降の日経平均の動き

日経平均

 私たちは通常、株価を見ながら投資判断をする。ある朝、欧米株式が急落していたら、日経平均先物を売ろうと考えることもある。ところが、朝一番から日経平均が500円も下がったら、一旦売ることをあきらめて、次に反発する局面を待って売ろうと考えることもある。

 ところが、最近、ある条件にヒットしたら機械的に先物を売り続ける運用が増えている。日経平均が500円下がっても、600円下がっても機械的に売り続ける。下がれば下がる程、売りを増やさなければならなくなる仕組みの運用もある。

 相場の流れにそのままついていく仕組みの運用は、日経平均が上昇する局面では買いを増やす。下がると売りを増やし、上がると買いを増やすようにプログラムされた運用が増えたことが、日経平均の上昇/下落幅を増幅している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]