編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

2015年のIT市場は2年連続で3%成長、2020年まで堅調:IDC予測

NO BUDGET

2016-02-18 07:00

 IDC Japanは2月17日、システムインテグレーション(SI)やITアウトソーシングなどからなる国内ITサービス市場の予測を発表、2020年に向けて堅調に拡大していくと予測した。

 2015年の国内ITサービス市場規模は前年比3.0%増の5兆3849億円と推定されており、国内ITサービス市場は2年連続して3%台の成長を達成したことになる。


国内ITサービス市場 支出額予測: 2015年~2020年(2015年は実績推定値、2016年以降は予測)(IDC提供)

 成長をけん引したのはSIやITコンサルティングを中心としたプロジェクトベース市場で、金融機関におけるシステム更新や統合案件、マイナンバー制度に関連する投資といった大型案件のほか、企業の業績回復を背景にしたシステム更新/新規投資が多く見られた。産業分野別にみると、金融業や流通業などで、バックオフィスのシステム更新/統合などに加えて、顧客接点強化に関わる投資が増え、好調に推移している。

 2016年以降の国内ITサービス市場は、システム統合やマイナンバーなどの大型案件が終息することもあって成長率は鈍化するものとみられるものの、クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、IoTなど第3のプラットフォームやデジタルトランスフォーメーション(DX)に関連するシステム投資が徐々に存在感を強め、新たな成長の原動力となっていくと予測する。2020年までの年平均成長率(CAGR)1.7%で推移すると予測している。

 なお、堅調な成長が予測される中では、第3のプラットフォーム/DXを実現する人材の不足や、クラウド、BPO(Business Process Outsourcing)といったITサービスの代替製品/サービスの利用拡大といった背景により、ITサービスベンダーがその市場機会をつかめない可能性も考えられるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]