日本株展望

裁定買い残高が1兆9800億円まで減少

ZDNet Japan Staff 2016年02月18日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月17日の日経平均は、218円安の1万5836円だった。午前中に一時160円高の1万6214円まで上昇した後、午後には一時422円安の1万5632円まで下がり、大引けは218円安だった。不安定な値動きが続いている。

 先物・オプションにからんだ突発的な売りがいつまた出るか、判断できないことが不安心理につながっている。

 今回は、株式市場に潜むさまざまな地雷(先物・オプションを使った投機的ポジション)の変動を知るための参考指標として重要な「裁定買い残高」の変化について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を改めて紹介する。

株式市場に潜む「地雷」は減りつつある

 2月8日週の日経平均急落に日経平均リンク債が絡んでいることを、前回ご説明した。2月8日週は、日本で大量に販売されている日経平均リンク債がノックインしたことに伴い、日経平均先物へ大量の売りが出た(詳しくは、前回の記事をご覧いただきたい)。

 日経平均リンク債に付帯している「プット(売る権利)」が、株式市場に潜む「地雷」となっていたわけだ。突然プットが行使されることで、日経平均は突発的な下げに見舞われた。

 ただ、日経平均リンク債にからむ地雷(プット)は、破裂する(行使される)ことで、かなり減少したと推定される。でも、それはあくまでも推定だ。日経平均リンク債に付帯するプット(売る権利)は、取引所で売買されるプットと異なり、その残高変化を、何かの統計を見て知ることはできない。

裁定買い残高に、先物・オプションに絡む投機的ポジションの変動が表れる

 先物・オプション市場に潜むさまざまな地雷がトータルでどれくらい減ったかを、間接的に知る方法がある。それが、裁定買い残高の変化だ。

日経平均と裁定買い残高の推移:2013年1月4日~2016年2月17日

(出所:東証データより楽天証券経済研究所が作成)
(出所:東証データより楽天証券経済研究所が作成)

 裁定買い残高の変化に、外国人投資家による日経平均先物への投機的買い残高の増減が表れる。もちろん、国内投資家の投機的売買も、裁定買い残高の変動に表れる。

 先物・オプションにからむ、あらゆる種類の投機的ポジションの変動が、裁定買い残高の変動に表れるわけだ。日経平均リンク債を組成した証券会社がヘッジのために行う先物買いが誘発する裁定買い残高も、ここに含まれる。

 外国人売買を例に、裁定買い残高が変動する仕組みを簡単に説明すると、以下の通りだ。

 外国人が先物を買い、先物が割高になると、裁定業者(証券会社)が裁定買い(先物売/現物買い)を出す。そこで、裁定買い残高が増加する。逆に、外国人が先物を売り、先物が割安になると、裁定業者は裁定解消売り(先物買いい/現物売り)を出す。そこで、裁定買い残高は減少する。

 近年は、裁定買い残高が1.8~2.6兆円まで減少すると、短期的に日経平均が反発する傾向が見られた。裁定買い残が1.8~2.6兆円になれば、あらゆる種類の投機的な買いポジションがトータルでかなり整理されたと考えることができるわけだ。

 2月12日の裁定買い残は、1.98兆円まで減少した。先物やオプションにからむ投機ポジションの整理がかなり進んだと判断できる。今後、突発的な先物の売りは段々減少すると推定される。ただし、それも、あくまでも推定だ。1.98兆円の中に、まだ投機的なポジションがかなり残っている可能性もある。

 なお、裁定買い残高には、投機的な先物買いによって作られたものと、投機的ではない先物買いによって作られた部分がある。その内訳は、推定するしかない。証券会社は、機関投資家と相対取引するために、常に一定量の株式現物を保有するとともに、株価変動リスクを避けるために、ほぼ同金額の先物を売っている。

 このように証券会社が常に保有する「株式現物の買い、先物の売りポジション」も、裁定買い残高に含まれる。この部分は、投機的ではない。

 昨日に続き、専門用語ばかりの説明になってしまったが、ここまでの説明がよくわからなかった方は、以下の結論(1)~(3)だけ頭に入れてほしい。

  1. 先物・オプションを使った地雷(突発的に表れる売りの原因)が、日経平均リンク債などさまざまなところに埋まっている。その残高変動は、統計に表れまない
  2. 裁定買い残高の変動に、先物・オプション絡みの投機的ポジションの変動トータルが表れる
  3. 足元、裁定買い残高が1.98兆円まで減少したことから、先物・オプション絡みの地雷は、かなり整理されたと推定される。ただし、それはあくまでも推定で、1.98兆円の中にまだ大量の投機的ポジションが残っている可能性を否定することはできない

 裁定買い残高の見方について、もう少し詳しい説明が必要な方は、1月15日の記事「裁定買い残の減少から考える日経平均の下値メド」を参照してほしい。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]