編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

グーグルの画像認識「Cloud Vision API」がオープンベータに

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-19 10:30

 Googleは米国時間2月18日、「Cloud Vision API」をオープンベータに移行したと発表した。

 2015年12月に発表されたこの開発者向けツールセットを使用すると、アプリケーションに機械学習と画像認識の機能を追加することができる。このAPIはロボットから家電まで幅広いデバイスに適用可能であり、それらのデバイスに、画像を見て文脈を理解する能力を与えることもできる。

 これはつまり、今後多くのガジェットが、ユーザーが部屋に入ってくると、その顔を見分けて、表情に合わせて適切な反応をするといった能力を身につける可能性があるということだ。

 Cloud Vision APIを使用すると、画像が数千のカテゴリに分類され、顔が識別されて表情に関する情報が関連づけられると同時に、さまざまな言語の文字が認識される。Cloud VisionはREST APIだ。このAPIは任意の場所にある画像を分析したり、「Google Cloud」上の画像と統合したりすることができる。Googleによれば、ベータ版では新たに色の認識機能も追加されている。

 同社はまた、3月1日から適用されるAPIの利用料金についても発表した。例えば、画像へのラベル検知機能の適用は、1000画像あたりわずか2ドルであり、OCR機能は1000画像あたり60セントとなっている。

 ベータテスト期間中は利用量に上限が設けられており、ユーザーあたり毎月2000万画像までとなっている。この制限のため、GoogleはCloud Visionをリアルタイムの重要なアプリケーションでは使用すべきではないと述べている。

Googleの「Cloud Vision API」がオープンベータに
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]