編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
海外コメンタリー

Linux FoundationがIoT向けリアルタイムOS開発プロジェクト「Zephyr」発表--その可能性

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-02-23 06:30

 モノのインターネット(IoT)分野に新たなプレーヤーが登場した。Linux Foundationの「Zephyr Project」だ。本記事では、このプロジェクトが開発者とコンシューマーの双方にメリットをもたらす理由を考察する。

Linux Foundation、IoT向けのオープンソースOS「Zephyr Project」を発表
提供:Jack Wallen

 IoT分野が面白くなってきた。Linux Foundationは米国時間2月17日、リソースに制約のあるシステム向けの、小型かつスケーラビリティのあるリアルタイムOS(RTOS)を開発するプロジェクト、Zephyr Projectを立ち上げたと発表した。Zephyr Projectは複数のアーキテクチャをサポートし、その成果物はApache License 2.0で利用可能になる。

 これは朗報だ。その理由はたくさんある。まずは可能性のいくつかを考察してみよう。

イノベーション

 何よりもまずオープンソースであることが重要だ。Zephyr ProjectによってIoT機器のイノベーションが著しく加速されるだろう。新興企業はOSのライセンスについて考慮したり、自社製品に搭載するOSを開発するという重荷から解放される。IoTでイノベーションを起こしたいのだろうか?ならば、Zephyr Projectからソースコードを入手し、すぐに作業に取りかかってほしい。

 オープンソースプラットフォームでの作業により、くびきから解き放たれたイノベーションも可能になる。Zephyr Projectが依拠しているオープンソースの根幹とも言える性質は、必要なものごとすべてを与えてくれるはずだ。開発者の意向を「阻まない」という点は、IoTプラットフォームにとって理想的と言えるだろう。どのような機能や特徴であっても盛り込めるのだ。

 また、世界中の開発者がこのプロジェクトに貢献することを考えると、その成長速度は著しいものとなるはずだ。

モジュール化

 Zephyr Projectではモジュール化されたかたちで開発が進められる。そのカーネル(そして関連モジュール)は8Kバイトのメモリで実行可能となっている。また、プロジェクトの成果物は好きなように使用でき、必要であればいくらでもモジュールを無効化できる(そのためのツール「kconfig」も同梱されている)。さらに同プロジェクトは、サードパーティーのモジュールと統合するうえで必要なすべてのものも提供する計画だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]