編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SDN基盤ソフト「OpenDaylight」で新版「Beryllium」--可用性も向上

NO BUDGET

2016-02-25 14:34

 OpenDaylight Projectは米国時間2月22日、オープンソースのソフトウェアでネットワークを制御するSDN(Software-Defined Networking)基盤ソフトウェアの最新版となる「OpenDaylight Beryllium(ODL Be)」が利用可能になったと発表した。第4版となるBerylliumには、自動的なサービス提供やネットワークリソースの最適化、ネットワーク機能仮想化(Network Functions Virtualization:NFV)など主要なネットワーク面での課題の解決に取り組むサービスプロバイダーや企業に向けて提供される。

 Berylliumでは、OpenDaylightの複数インスタンスが1つの論理コントローラとして動作する“クラスタリング”のための強力な解析と検証が可能と説明。クラスタ認識にしたいアプリケーションがクラスタをまたぐデータの配置方法を選択できる。

 IaaS基盤ソフトウェアである「OpenStack」の高可用性とクラスタリングを完全にサポートするために必要な全てのコンポーネントが含まれ、ネットワーク処理向けライブラリ「Data Plane Development Kit(DPDK)」(Intel提供)での仮想スイッチでホストでワークロードを配置できるようになっている。

 またBerylliumでは、マイクロサービスアーキテクチャを更新してマルチベンダー環境の相互運用性を向上させる機能と、用途ベースのネットワークモデリングに対応するNetIDEのような新プロジェクトとを継続的に統合。NeXt UI機能でユーザーフレンドリーな画像表示でOpenDaylightの機能性をより良く理解できると説明。インストールやデプロイを助けるためのドキュメントも入手できる。

 Berylliumには、あらゆるコントローラやプラットフォームのポリシーやインテントのための広範な設定が含まれる。「NEMO(Network Mobility)」「ALTO(Application Layer Traffic Optimization)」「GBP(Group Based Policy)」「NIC(Network Intent Composition)」という4つの方法を利用できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]