編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

SDN基盤ソフト「OpenDaylight」で新版「Beryllium」--可用性も向上

NO BUDGET

2016-02-25 14:34

 OpenDaylight Projectは米国時間2月22日、オープンソースのソフトウェアでネットワークを制御するSDN(Software-Defined Networking)基盤ソフトウェアの最新版となる「OpenDaylight Beryllium(ODL Be)」が利用可能になったと発表した。第4版となるBerylliumには、自動的なサービス提供やネットワークリソースの最適化、ネットワーク機能仮想化(Network Functions Virtualization:NFV)など主要なネットワーク面での課題の解決に取り組むサービスプロバイダーや企業に向けて提供される。

 Berylliumでは、OpenDaylightの複数インスタンスが1つの論理コントローラとして動作する“クラスタリング”のための強力な解析と検証が可能と説明。クラスタ認識にしたいアプリケーションがクラスタをまたぐデータの配置方法を選択できる。

 IaaS基盤ソフトウェアである「OpenStack」の高可用性とクラスタリングを完全にサポートするために必要な全てのコンポーネントが含まれ、ネットワーク処理向けライブラリ「Data Plane Development Kit(DPDK)」(Intel提供)での仮想スイッチでホストでワークロードを配置できるようになっている。

 またBerylliumでは、マイクロサービスアーキテクチャを更新してマルチベンダー環境の相互運用性を向上させる機能と、用途ベースのネットワークモデリングに対応するNetIDEのような新プロジェクトとを継続的に統合。NeXt UI機能でユーザーフレンドリーな画像表示でOpenDaylightの機能性をより良く理解できると説明。インストールやデプロイを助けるためのドキュメントも入手できる。

 Berylliumには、あらゆるコントローラやプラットフォームのポリシーやインテントのための広範な設定が含まれる。「NEMO(Network Mobility)」「ALTO(Application Layer Traffic Optimization)」「GBP(Group Based Policy)」「NIC(Network Intent Composition)」という4つの方法を利用できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]