編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBM、クラウド開発者にビルド済みのコネクションを提供

NO BUDGET

2016-02-25 07:00

 米国IBMは2月22日、自社のソフトウェアプラットフォームをクラウドに拡張して、ユーザーがさまざまなデータ、アプリケーション、またはトランザクションシステムと接続できるように支援すると発表した。

 この取り組みは、開発者がサプライチェーンや在庫管理システム、詳細な顧客記録といったデータ、ナレッジ、トランザクションシステムをより簡単に活用できるようにすることが目的という。日本IBMが2月23日、抄訳で伝えた。

 今回の発表の中心となるのが、IBMのWebSphereポートフォリオをクラウドに拡張する「IBM WebSphere connect」。今後、WebSphereの全てのユーザーはIBMクラウドから新機能に直接アクセスでき、実際にクラウド上にあるかどうかに関係なく、あらゆるデータやシステムをクラウドから簡単に利用できるようになるという。これをハイブリッドクラウドへの入口として、既存IT資産から新たな価値を生み出すことができるとしている。

 IBMでは他にも以下のようなIBM Cloud向けの「Connect」オファリングを新たに提供する。

API connect

 あらゆる企業が、自社のITをAPIとして公開できるようになり、クラウドからの検索、呼び出し、接続を簡素化できるようにする。社内開発者向けAPI作成の自動化などの支援にも役立つ。

App connect

 クラウドとオンプレミスのアプリケーション向けに、何百ものビルド済みのコネクションを提供。ビジネス部門の担当者が統合作業を加速できるようにする。

Message connect

 IBMのMQポートフォリオをBluemix Message Hubに接続する、Bluemixの新サービス。Apache Kafkaなどオープンなメッセージフォーマットへの接続を可能にする。

DataWorks

 アナリスト、開発者、データサイエンティスト、データエンジニアなどが、SaaSのアナリティクス・クラウド・エコシステムへオンプレミスやオフプレミスからデータを移行する際の準備や実行を可能にする。

IBM WebSphere Blockchain connect

 WebSphereの全ユーザーに提供される新サービス。ユーザーのブロックチェーン・クラウドからエンタープライズへの、暗号化された安全なルートを提供。

IBM z/OS connect

 メインフレームの「IBM z System」で実行されている全てのアプリケーションのAPIやRESTfulインターフェースを作成し、メインフレーム上にあるデータやアプリケーションをクラウドと接続するためのオファリングの新バージョン。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]