日本株展望

日本株の妥当PERは何倍か

ZDNet Japan Staff 2016年02月26日 10時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月25日の日経平均は224円高の1万6140円だった。前日の海外市場で一時1ドル111円まで円高が進み、不安が高まったが、25日の東京市場では1ドル112円台半ばに戻った。為替が円安に向かうにしたがって、日経平均も徐々に上昇幅を広げていった。26日日本時間午前6時現在では、1ドル112.93円だ。

 さて、2月24日の記事で日経平均の年末予想レンジを、1万8000~2万1000円に変更したと伝えたが、今回は楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏による補足説明を紹介する。

年末の日経平均予想


(出所:楽天証券経済研究所)

 日経平均の予想値を決める際、楽天証券経済研究所では、まず企業業績(利益)の変化を予想する。次に、予想利益の何倍まで株価が買われるかを予想する。現在、日経平均に換算した1株当たり利益を、来期(2017年3月期)1250円と予想している。1250円に、妥当と考えられるPER16.8倍をかけたのが、メインシナリオでの日経平均予想2万1000円だ(1250円×16.8倍=2万1000円)。

 リスクシナリオでは、利益の14.4倍までしか日経平均が上昇しないケースを想定している。1250円にPER14.4倍をかけたものが、リスクシナリオの日経平均予想1万8000円だ(1250円×14.4倍=1万8000円)。

 株価が1株当たり利益の何倍まで買われているか示す指標を、PER(株価収益率)という。「ピーイーアール」または「パー」と読む。

 今回は、日経平均の妥当PERが14.4~16.8倍と考えている理由について解説する。

東証株価指数(TOPIX)のPER

 今の妥当PERを考える時、参考になるのが、過去のPERだ。東証一部(TOPIX)の過去の予想PERを、大まかにまとめたのが以下の表だ。

TOPIXの予想PER、年代別のザックリした範囲


(注:赤字などPERが異常値のところは除く。楽天証券経済研究所が作成)

 この表を見ると分かる通り、日本株(TOPIX)のPERは、過去は高かったが、最近どんどん低くなっている。一般的に、PERは成長性が高い株ほど高くなる。また、利益の安定性も高い株ほどPERが高くなる。

 日本株(TOPIX)のPERは、バブルのピーク(1989年)ころは、60倍くらいだった。当時、日本経済の成長性が高いと信じられていたから、日本株はPERで高いところまで買われていた。年を経るにしたがって、少子化が進む日本の成長性が低いという認識が広がり、PER水準は低下していった。

 リーマンショック前はそれでも、PERで20倍程度には評価されていた。中国、ブラジル、インド、ロシアなどが高成長国だと思われていたころであり、日本でも新興国向けビジネスに成長性があると考えられていた時だ。

 リーマンショック後、中国と新興国の成長神話も崩壊した。日本企業も、その影響を受けて成長性が低下してきている。そうした背景があって、近年は、PER15~17倍で評価されていた。

 楽天証券経済研究所で、日経平均予想に使う妥当PERを14.4倍~16.8倍としているのは、リーマンショック後の日本株が概ねその範囲で評価されてきたからだ。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]